FrontPage  Index  Search  Changes  PageRank  RSS  Login

短期公共事業/02/北部地下鉄路線敷設

短期公共事業/02/北部地下鉄路線敷設

概要

  • いつ(WHEN)→第一期短期公共工事終了後、期間は2ヶ月
  • どこで(WHERE)→藩国4-A地区北端から4-C城下町まで
  • 誰が(WHO)→長期公共工事を担当してきた第十〜十二師団およびその下に新規に配属された二線級師団6師団の一部(2万人まで使用可能)+土木工事人員(上限10万人)
  • なぜ(WHY)→誘致予定である共和国環状線から首都部までの交通を効率化し、途中の大観光地や商業地へ駅を作ることで産業の活性化を図る
  • 誰に(WHOM)→交通を利用する藩国民
  • 何を(WHAT)→4-A北部から4-C城下町地下
  • どのように(HOW)→I=Dによる土木技術の活用

補足

  • 各ロイ像シェルターから延びる地下道へ隣接する形で形成する

予算

人件費月給2000にゃんにゃん×2ヶ月×10万人
国軍特別手当て100にゃんにゃん/月×2万人×2ヶ月
4億400万にゃんにゃん
設備費-5億にゃんにゃん
-9億400万にゃんにゃん

※注:国軍の人件費については、給料であるため計上していない

事業終了後の支援

  • 短期公共工事終了後は工事従事者を中心に40万の入植をおこなう
  • 入植支援金は40万人に達するまで続けられる

戻る→組織/開発局 報告/治安維持報告20081002

Last modified:2008/10/05 23:19:14
Keyword(s):
References:[報告/治安維持報告20081002] [組織/開発局]