FrontPage  Index  Search  Changes  PageRank  RSS  Login

公示文/20090313−01

公示文/20090313−01

診療所開設支援についてのお知らせ

 CMS社の風杜神奈さんのご尽力により、全藩国全域に【診療所】を開設できるという運びになりました。わが国もこの動きに賛同し、【開設支援】をおこなうことにしました。具体的には、10億を本事業の基盤設立にあて(募金済)、さらに基本減税という形で診療所開設を奨励させていただきます。

 わが国にはこれまでも中央病院を中心とした医療体制が存在しましたが、新規に導入されるこの診療所により、より充実した医療が提供できるようになるものと期待されます。特に、これまで医療の整備の遅れていた人狼地区に重点的に配備したいと考えております。

 なお、診療所開設にあたっては、専属のスタッフによる【救急医療情報システムの構築】と【病診連携ネットワークの整備】がおこなわれます。救急医療情報システムおよび病診連携ネットワークはその統括を中央病院が担いますが、基本的には軽度の傷病に関しては各診療地区での自律分散処理が基本となります。一方、重篤な傷病については、救急医療情報システムを介して速やかに移送されるようになります。また、伝染病や事故の発生などは病診連携ネットワークを通じて病院と診療所で共有されるようになるため、隔離や人員の手配といった手配がより迅速におこなわれるようになります。

 国民のみなさまには、本事業にご理解をいただきたく思います。特に、医師資格をお持ちの国民のみなさまにはなにとぞご協力をお願いいたします。診療所開設にあたっての手続き・システム導入の流れなどは、開発局よりマニュアルが発行されますのでそちらをご覧ください。中央病院事務局にて問い合わせを受け付けております。

 20090313 藩王 結城由羅

政策実行

r:上記政策により、「【注意】効果を発揮するために」での以下要件を満たします。

>   *診療所の開設支援の使用制限 = ,,,このイベントを使用するには診療所の開設支援に関する政策を発表しなければならない。この時この政策に用いる予算を組む必要がある。
>   *病診連携ネットワークの確立の使用制限 = ,,,このイベントを使用するには病診連携ネットワークの整備に関する政策を発表しなければならない。
>   *救急医療情報システムの構築の使用制限 = ,,,このイベントを使用するには救急医療情報システムの整備に関する政策を発表しなければならない。


戻る→国営放送/政府広報

Last modified:2009/03/13 00:53:04
Keyword(s):
References:[公示文/20091112−02] [国営放送/政府広報]