新・世界忍者国 作業掲示板
[もどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。

  •   [No.641] [固定URL] とりあえず完成形?(サイドZ) 投稿者:久堂尋軌@世界忍者国  投稿日:2011/07/15(Fri) 22:41:01  

    「どうしてこうなった…」

    彼の名前は神崎零。今回の小話の主役である。
    彼は、控室で頭を抱えていた。控室といっても、大きなテントの一部を布で区切った一部であるのだが…

    「たしか、俺は小姐さんと一緒に国内での配布を手伝うように…そのはずだったのに」

    彼の呟いたように、本来ならば彼は桂林怜夜たちと共に国内の配布に参加する予定だったのだが、今いる場所は世界忍者国ではない。

    現在の彼がいる場所は、キノウツン国の国境そば。そこでは大きなテントをいくつも並べて縁日と言わんばかりの雰囲気になっていった。

    「人狼傭兵たちに【忍者刀】も配布したいから予算ちょうだーい、おねーちゃーん。」

    元人狼傭兵頭の大神重信が藩王である結城由羅に申請を出してからかなりの月日が経っていた。様々な問題があったが、時間を経て配布できる状態になった。

    しかし、人狼傭兵は現在キノウツンに滞在している。ここにおいて、キノウツン国内での配布活動を行うのは問題になると考えた摂政濃紺は、キノウツンの国境をでた直ぐの場所にテントに巨大なテントをいくつも張って『人狼傭兵への慰労イベント』ということで忍者刀の配布を行うことにしたのであった。
    テキヤによる人狼領地食品の屋台や、人狼領地出身アイドルによるライブが行われている。ちなみに忍者刀の配布は、このイベント会場の入口において受付し帰るときに忍者刀と引き換えということにしている。

    そんな中で、大きなステージ上では現在アイドルのライブが行われクライマックスを迎えていた。

    「なぜだ…なぜ俺がこんな格好で…うぉぉぉ〜」

    彼は国内方面のヘリに乗る途中でイキナリ意識を失った。目が覚めたときには既にこの服を着て控室で寝ていたのだ。しかも、妙に尻のあたりが痛い。まるで、何か注射されたかのように…

    神崎は立ち上がり、控室においてあった姿見の鏡で改めて自分の姿をもう一度見直した。もう何度目だろうか。本人としてはもう数えていない。

    彼の服装は、いつもの世界忍者の格好ではなかった。世界忍者のテイストを含めながらも、どうみてもあのイメージを付け加えてある…そう、あのチャイナ服のテイストが混じっているのだ。彼にとっては悪夢以外の何物でもなかった。


    本当だったら、断るのが普通であった。しかし、ここで現れたのがイベントの統括を任されていたくぅである。

    「仔姫〜。メインのステージよろしくね。あ、いつもの熱血系のカラオケでいいからー」
    「……断る…っていうか、この衣装はなんだ!この衣装は!」
    「え?この間パンツ一丁だったから、せっかく用意したのに…チャイナ忍者こと忍チャイナ(命名:松永)の」
    「まて、なぜ用意されている!このデザインはなんだこのデザインは!」

    チャイナ忍者。
    いつもの赤と青を基調にした服をアメリカン忍者と称するなら、これはまさしくチャイナ忍者だった。
    長い真っ赤なマフラーには黄色い星。
    ツルツルと光沢のある生地に精巧な(動物・唐草などの)刺繍。
    和服のような正面の合わせの代わりに
    詰襟とゆったりした袖(パターンAカンフー着)
    ぴったりとした上半身と腰から下のスリット。(パターンBドレス)
    帯ではなく、紐で編まれたチャイナボタンで留めているところが間違いなくチャイナだった。

    ご丁寧に、髪が短くて三つ編みやおだんごにできなかった部分は、猫耳の周囲に共布のリボンを結ぶことで補っている。
    ネタの為には抜かりのない世界忍者国製だった。手間以外は材料費もあまりかかっていない。


    「せっかくカヲリさんが用意してくれたのに…もう、仕方ないなぁ…わかった!」
    「わかってくれたか!」

    そういうと、くぅは閃いたかのように傍にいた松永に耳打ちするとにやりと笑ってみせた。それこそ神崎にとっては悪魔の笑みに見えたにちがいない

    「わかった、じゃぁカメラをまわそう!世忍どうでしょうで流す!(キリッ)」
    「な、なんだってーーーーーー!でも、誰がカメラまわすんだよ!」
    「大丈夫、松永さんがいるから!」
    「どうしてこうなったーーーーーーー!」

    世忍どうでしょうとは、世界忍者国で流されているてーべー番組である。いわゆる旅番組のはずなのだが、まるでコントのような笑いでソコソコの視聴率をとっている番組であった。

    「「おつかれさまでしたー!キンキンに客席温めておいたんで、メインこれからですががんばってください!」」

    ほとんど芸人のノリ挨拶をしながら今回のライブで参加した、卯月律と人狼領地出身のメイ・リンがスタッフに挨拶をしながらステージから降りていくのが聞こえてくる。
    残り時間はあまり残されていない、そんな中で神崎は一度瞑想をするように目を閉じると呼吸を整えて…まぁ、ぶっちゃけると開き直りなのだが…。

    「よし、わかった!カメラよろしく!カラオケでいいなら、いつものレパートリーで!熱血系で〆ますからね!バックダンサー4649!」

    チャイナ忍者の衣装に身を包んだ神崎は、覚悟を決めた表情でステージへとあがっていく。
    彼の願いはただ一つ…

    「レイちゃんが世忍どうでしょうを見ませんように……」

    一週間後、レイちゃんに番組見られないように夕方からのデートに誘う神崎の姿が見られた。(もちろん、藩王以下の面々が覗き見していたことは言うまでもない)


      [No.640] [固定URL] 追加設定(レスのままとも言う) 投稿者:久堂尋軌@世界忍者国  投稿日:2011/07/15(Fri) 00:22:57  

    Lei
    私の呼び名は姉さんじゃないかと。女王様は姐さんで。

    チャイナ忍者。
    いつもの赤と青を基調にした服をアメリカン忍者と称するなら、これはまさしくチャイナ忍者だった。
    長い真っ赤なマフラーには黄色い星。
    ツルツルと光沢のある生地に精巧な(動物・唐草などの)刺繍。
    和服のような正面の合わせの代わりに
    詰襟とゆったりした袖(パターンAカンフー着)
    ぴったりとした上半身と腰から下のスリット。(パターンBドレス)
    帯ではなく、紐で編まれたチャイナボタンで留めているところが間違いなくチャイナだった。

    ご丁寧に、髪が短くて三つ編みやおだんごにできなかった部分は、猫耳の周囲に共布のリボンを結ぶことで補っている。
    ネタの為には抜かりのない世界忍者国製だった。手間以外は材料費もあまりかかっていない。


    ところで、謎の忍者料理人こと味影兄さんって中国忍者なんでしょうか?
    凍矢2011年07月06日 16:23
    なんで純粋に俺が不幸になるSSが出来てるの!?

    団長>
    わーい、チャイナ忍者の外見がわかりやすいですw

    凍矢君>
    わかったー。じゃぁ、最後は
    レイちゃんに見られないように、当日はデートに誘う神崎であった。
    な感じでいく?

    ちなみに、チャイナ忍者のコスって男性用もあるよ?(ぇ


      [No.639] [固定URL] SS(side Z) 投稿者:久堂尋軌@世界忍者国  投稿日:2011/07/05(Tue) 23:32:24  

    「どうしてこうなった…」

    彼の名前は神崎零。今回の小話の主役である。
    彼は、控室で頭を抱えていた。控室といっても、大きなテントの一部を布で区切った一部であるのだが…

    「たしか、俺は小姐さんと一緒に国内での配布を手伝うように…そのはずだったのに」

    彼の呟いたように、本来ならば彼は桂林怜夜たちと共に国内の配布に参加する予定だったのだが、今いる場所は世界忍者国ではない。

    現在の彼がいる場所は、キノウツン国の国境そば。そこでは大きなテントをいくつも並べて縁日と言わんばかりの雰囲気になっていった。

    「人狼傭兵たちに忍者刀を配布したいから予算ちょうだーい、おねーちゃーん。」

    元人狼傭兵頭の大神重信が藩王である結城由羅に申請を出してからかなりの月日が経っていた。様々な問題があったが、時間を経て配布できる状態になった。

    しかし、人狼傭兵は現在キノウツンに滞在している。ここにおいて、キノウツン国内での配布活動を行うのは問題になると考えた摂政濃紺は、キノウツンの国境をでた直ぐの場所にテントに巨大なテントをいくつも張って『人狼傭兵への慰労イベント』ということで忍者刀の配布を行うことにしたのであった。
    テキヤによる人狼領地食品の屋台や、人狼領地出身アイドルによるライブが行われている。ちなみに忍者刀の配布は、このイベント会場の入口において受付し帰るときに忍者刀と引き換えということにしている。

    そんな中で、大きなステージ上では現在アイドルのライブが行われクライマックスを迎えていた。

    「なぜだ…なぜ俺がこんな格好で…うぉぉぉ〜」

    彼は国内方面のヘリに乗る途中でイキナリ意識を失った。目が覚めたときには既にこの服を着て控室で寝ていたのだ。しかも、妙に尻のあたりが痛い。まるで、何か注射されたかのように…

    神崎は立ち上がり、控室においてあった姿見の鏡で改めて自分の姿をもう一度見直した。もう何度目だろうか。本人としてはもう数えていない。

    彼の服装は、いつもの世界忍者の格好ではなかった。世界忍者のテイストを含めながらも、どうみてもあのイメージを付け加えてある…そう、あのチャイナ服のテイストが混じっているのだ。彼にとっては悪夢以外の何物でもなかった。

    本当だったら、断るのが普通であった。しかし、ここで現れたのがイベントの統括を任されていたくぅである。

    「チャイナ―。メインのステージよろしく。あ、熱血系のカラオケでいいからー」
    「……断る…っていうか、この衣装はなんだ!この衣装は!」
    「え?この間パンツ一丁だったから、せっかく用意したのに…チャイナ忍者こと忍チャイナの」
    「まて、なぜ用意されている!このデザインはなんだこのデザインは!」
    「せっかくカヲリさんが用意してくれたのに…もう、仕方ないなぁ…わかった!」
    「わかってくれたか!」

    そういうと、くぅは閃いたかのように傍にいた松永に耳打ちするとにやりと笑ってみせた。それこそ神崎にとっては悪魔の笑みに見えたにちがいない

    「わかった、じゃぁカメラまわそう!世忍どうでしょうで流す!(キリッ)」
    「な、なんだってーーーーーー!でも、誰がカメラまわすんですか!」
    「大丈夫、松永さんがいるから!」
    「どうしてこうなったーーーーーーー!」

    世忍どうでしょうとは、世界忍者国で流されているてーべー番組である。いわゆる旅番組のはずなのだが、まるでコントのような笑いをとってソコソコの視聴率をとっている番組であった。

    「「おつかれさまでしたー!キンキンに客席温めておいたんで、メインこれからですががんばってください!」」

    ほとんど芸人のノリ挨拶をしながら今回のライブで参加した、卯月律とメイ・リンがスタッフに挨拶をしながらステージから降りていくのが聞こえてくる。
    残り時間はあまり残されていない、そんな中で神崎は一度瞑想をするように目を閉じると呼吸を整えて…

    「よし、わかった!カメラよろしくお願いします!カラオケでいいならいつものレパートリーで!熱血系で〆ますからね!」

    チャイナ忍者の衣装に身を包んだ神崎は、覚悟を決めた表情でステージへとあがっていく。
    彼の願いはただ一つ…

    「レイちゃんが世忍どうでしょうを見ませんように……」

    一週間後、彼の願いは木端微塵になることは今はまだ彼は知らない…。


      [No.638] [固定URL] Re: 出してきました 投稿者:結城由羅  投稿日:2011/06/27(Mon) 21:54:44  

    書き直してみた。

    ttp://cwtg.jp/syousyo/nisetre.cgi?no=4242
    ttp://cwtg.jp/syousyo/wforum.cgi?no=4242&reno=3216&oya=3216&mode=msgview
    のテンプレがあるとの指摘をうけましたので、再提出させていただきます。
    お騒がせして申し訳ありません。

    10:世界忍者国:忍者猫:http://www.geocities.jp/hoshinokimoti/wnc_nc.htm

    概要のまとめ2〜3行:
    世界忍者国の猫士の種族は忍者猫と言われ、世界忍者国の鷹揚な気風の中様々な
    種類を主張している猫がいる。世界忍者国の猫士の種族は変化の術でヒト型に
    変身することができ、人語を喋れるようになる。

    10:世界忍者国:忍者犬:http://www.geocities.jp/hoshinokimoti/wnc_nd.htm

    概要のまとめ2〜3行:
    世界忍者国には犬士もいて、これは元々派生して帝国で建国した人狼領地が戻ってくる
    ときに連れてきた者たちである。彼らは世界忍者国にいたときに人と共に戦うために
    変化の術を習得していた。忍者猫と同じく犬種はさまざまであるが、忍者犬と呼ばれている。


      [No.637] [固定URL] 出してきました 投稿者:結城由羅  投稿日:2011/06/27(Mon) 21:31:25  

    こんな感じで。

    ttp://blog.tendice.jp/201105/article_3.html

    お世話になっております、世界忍者国です。

    忍者猫:http://www.geocities.jp/hoshinokimoti/wnc_nc.htm

    忍者犬:http://www.geocities.jp/hoshinokimoti/wnc_nd.htm

    上記のように提出させていただきますので、よろしくお願いいたします。

    結城由羅@世界忍者国 2011/06/27 21:29


      [No.636] [固定URL] 提出用文章 投稿者:久堂尋軌@世界忍者国  投稿日:2011/06/27(Mon) 21:27:08  

    お世話になっております、世界忍者国です。

    忍者猫:http://www.geocities.jp/hoshinokimoti/wnc_nc.htm

    忍者犬:http://www.geocities.jp/hoshinokimoti/wnc_nd.htm

    以上、よろしくお願いいたします。


      [No.635] [固定URL] 微修正 投稿者:結城由羅  投稿日:2011/06/26(Sun) 00:53:39  

    【変更】
    > 変化の術は忍術としてはレベルが高いものである。これを習得できるから世界忍者国で猫が猫士へとなれると言っても過言ではない。藩国に所属する猫士は特殊な存在である。具体的には、アイドレスのシステムに組み込まれ、アイドレスプレイヤーの使用するPC同様、通常のNWの世界の法則から外れる。不老であり、アイドレスを変えることにより人種や職業まで変えることができる。それは畏怖の対象であり、場合によっては嫌悪と憎悪の対象ともなる。
    > 現に、今も世界忍者国では猫士が増えているが一回に三匹が限度であることから大変な覚悟がいる事であることも判る。

    【差し替え内容】
    変化の術は忍術としてはレベルが高いものである。これを習得できるから世界忍者国で猫が猫士へとなれると言っても過言ではない。特に藩国に所属する猫士は優秀で特別な存在である。アイドレスのシステムに組み込まれ、アイドレスプレイヤーの使用するPC同様、通常のNWの世界の法則から外れる。不老であり、アイドレスを変えることにより職業などを変えることができる。
    その分、人(猫)格や責任感も問われ、国に属する猫士として採用されるのが一ターンに三匹であることが、その選別の厳しさを物語っている。


      [No.634] [固定URL] 微修正 投稿者:結城由羅  投稿日:2011/06/26(Sun) 00:49:44  

    【削除】
    > 犬士として活躍することになった彼らだが、帝國では変化の術を広めることができなかったと言われている。
    > なぜなら変化の術を学ぶ際には世界忍者国にて口伝で術を大体会得することができたが、帝國に移動した時には大体という言葉通り、中途半端な口伝になってしまった為に広げることができなかったからだ。

    【差し替え】
    犬士として活躍することになった彼らだが、人狼の兵は術だの魔法だのを好まなかった。
    ただ、人の友たる犬達は、人と戦場で肩を並べるために、そのために術を用いて人と並んだ。
    誇るでも無く、好むでも無く、ただ人との友誼を果たすために、その術…変化の術はあった。


      [No.633] [固定URL] Re: 燃料工場HQ計画! 投稿者:くぅ  投稿日:2011/06/23(Thu) 20:20:45  
    Re: 燃料工場HQ計画! (画像サイズ: 800×600 69kB)

    HQできるかなぁ


      [No.632] [固定URL] さんきゅー 投稿者:結城由羅  投稿日:2011/06/22(Wed) 22:35:16  

    取りまとめありがとー


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -