新・世界忍者国 作業掲示板
[もどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。

  •   [No.680] [固定URL] →新スレへGO 投稿者:結城由羅@世界忍者国  投稿日:2011/12/01(Thu) 22:20:16  

    新スレ作りました。
    http://richmam.xtr.jp/neokingdom/wforum1/view.cgi?no=679


      [No.679] [固定URL] 【TODO】藩国運営その7 投稿者:結城由羅@世界忍者国  投稿日:2011/12/01(Thu) 22:19:15  

    長くなってきたし、ラストターン前なので、こちらへ

    前スレ:
    【TODO】藩国運営その6
    http://richmam.xtr.jp/neokingdom/wforum1/wforum.cgi?no=570&mode=allread


      [No.678] [固定URL] ちなみに前作(凍矢君作) 投稿者:久堂尋軌  投稿日:2011/11/27(Sun) 22:04:32  

    <<SS>>  (作:神崎零)

     〜序章編〜

    忍者が乗れるシステムを

    世界忍者国では日々世界忍者が活躍出来る日を夢見ている。 そのための努力も日頃行われている、方向がぶっ飛んでいたとしても、だ。


    「そういう流れなのはわかります、体格や筋力が他の近接系に負けてるからあまり使えないイメージなのもわかります」

    神崎はいつも通りの実験台になるのを予感しつつも珍しくシリアス顔だ。 馬鹿だなぁ、そうやって逃げようとする時が必死だから遊ばれてるのに。


    「そりゃ必死にもなりますよ!毎度毎度よくわからない実験で生死の境をさ迷い続け!やれカタパルトだのなんだのと!」

    それでも死んでないんだからいいじゃねーかw 第一お前が欲しいって言い続けたくせに


    「くっ」

    話の流れでわかってたろうに、自業自得だ


    「濃紺さん、俺はやっぱ忍者ロボで体格補って上昇値だけは使えば強いと思うんだ」

    燃料ないのと操作出来ないのを除けばな。


    「ここはあれだ、手裏剣と忍者刀以外はパージすれば負担へらね?」

    機体の燃料と資源は?


    「資源は装甲落として体を軽くするとして・・・燃料は人型戦車みたいに食料で」

    やるなら人型戦車の技術を使って低ARで移動したいよな。


    「そうそう、本当なら白兵しか出来なくして白兵攻撃のARも下げたいんだけど機体能力というより技術か絶技に近いものになるからなぁ」

    ロマンはあってもI=Dじゃないな。 何より、動かせないからな


    「なんだよなー」

    惜しいとこまでは行ってるが神崎の案じゃこんなもんか。 しかし、なんだ、人の気配がするような。


    「今日子が恋しいんじゃね?」

    どうやら年下の女に敵わんへたれが自殺したいらしい・・・なっ!?


    「何変な声あげて・・・げ」

    どうやら俺は疲れてるらしい、天井から二人ほど生えてるように見える。


    「ふ、こんなこともあろうかと!」


    「あ、よくみたら天井裏にひっかかってら」


    「こんなこともあろうかと!」


    「え、スルー!?というかそれが言いたいだけだよね!」

    頭痛いな。


    「今の話、聞いてましたよ」


    「今日子が恋しいって話?」

    どうやら本当に死にたいらしいな、天井に引っ掛かって下りられない方だろ。


    「違ーう、忍者がI=D使えないって話」


    「こんなこともあろうかと、人狼の技術と世界忍者国の技術を融合させて忍者専用機を作っていたのだ!」


    「実験はまだだけどね!」


    「げ、嫌な予感が」

    ちょうどいい、神崎がやるそうだ。


    「おのれ濃紺!」


    「操作方法は簡単、動かしたいように体を動かすだけ」

    身体の動きをトレースするのはわかるがラグやらが致命傷じゃないのか?


    「そこは世界忍者国の誇る名機にゃんばいんの瞑想通信による操作を補助機能に組み込んであるから大丈夫」

    にゃんばいんは農作業用で細かい操作は出来ないはずじゃなかったか?


    「人間が細かい作業を遠距離でものも無いのに思い描くなんて出来るわけないんですよ、そんな精神はありえない、だから出来なかった」


    「そこで【身体】と【精神】両方を読み取る事で操作するんですよ」

    森国人の能力を使うのはわかったが混線とかは大丈夫なのか?


    「一度登録を行ってその精神の持ち主以外は受信しないようフィルタをかけます」


    「ついでに登録者が登録変更を願わない限りは摂政以上の権限がないと持ち主は変更出来ません」

    それも瞑想通信を使うわけか


    「そのとおりです」


    「でもさ、どこに人狼の技術使われてるの?」


    「いい質問だ神崎君」


    「君たちの言ってたように人型戦車の技術、笑顔号の人工筋肉を使うことで限りなく元の動きに近いものを実現しています」

    WDのインナースーツみたいなのはモーショントレースに必要だとして、上に服は着ちゃ駄目なのか?


    「機体動かしてるときは出来るだけ余計なものは着けたくないですよ」


    「乗ってるときはこれだけなのは定番でしょ」


    「それで、俺は何すればいいんです?」

    機体もないみたいだしな


    「とりあえず、登録システムが正常に動くかとどれほどの精度で動きを再現できるかですね」

    実験はしてないのか?


    「摂政のデータ入力が済んでないのもありますし、何より不具合あったら困るので実際にはこれが初めてです」


    「え、それ俺やばいんじゃ・・・」

    そのための神崎だろ。


    「扱いがひど過ぎる!」


    「このターン妖精の父親を着てる俺に不可能はないはずだよ」


    「徒理流さん、そういうのは森さんを落としてから」


    「・・・ふん(ポチッ」


    「いやいや、そこで半笑いのまま押すのは悪意がありすぎる!」

    自業自得ともいうがなw


    「まぁ上手くいったみたいだからいいじゃないか、廃人とかになってる様子もないし」


    「データ入力も登録も正常みたいだし、残念だけど爆発もしないし」

    残念だ。


    「じゃあ次は濃紺さんの登録と登録解除が可能か、ですよね」

    恨めしそうにこっち見んな。 第一、他の人間で動かないかのチェックが先だろ、松永さん。


    「だそうですよ、松永さん」


    「それは後で、いや、やめ、怖い顔してにじり寄るな!」


    「【やったな】」


    「絆っぽくごまかすなー!!!」


    「汚された・・・」

    諦めてさっさと脱げば無理矢理なんかしなかったんだがな。


    「まるで悪党の言葉ですよね」

    神崎同様死にたいらしい。


    「可愛い人狼傭兵がデレて、戦場に向かったから急ぎたいんだよ」


    「デレ?」

    その問題は後に使うんだからヒントを出すな。


    「(なんで自分で着て自分でデータ取りしてるんだろ、しかもエラーしか出ないのに)」


    「次は濃紺さんですね」

    意外に全部正常に動いてるな。


    「ですねー、星にも爆破オチもなく」


    「変更も成功しましたし」


    「痛い目にもあってないです」

    感想が間違い過ぎだがとりあえず操縦系はこれで行けそうだな、後は実際機体がどれだけ再現出来るかだが。


    「そこは実機を動かさなきゃわかりませんね」


    「今回の目標はあくまで強力な個体を作るわけじゃなくて安価で量産可能にして世界忍者の強化が目的ですからね、再現出来なきゃ意味ないですから」

    まだ出来てないのか?


    「人工筋肉は人狼傭兵が修理なんかに使ってた工場があったからそれで充分行けそうです」


    「流石に長くやってただけはあって技術は進歩してました、なまじ他の技術に手を出さないで向上させた分初期のものに比べてかなり高性能ですね」

    武装なんかはどうするんだ?


    「濃紺さん達の言ってたように白兵戦用に刀を、メイン兵装は手裏剣ですね」


    「他に、移動補助用に鈎づめにワイヤー、対歩兵用にまきびしなんかを予定しています、あらゆる火薬を使わないことで燃料の使用しない予定です」

    刀なんて作れるのか?


    「世界忍者国には世界忍者が使う刀を代々作ってる人達が居ますからね、世界忍者の動きを再現する為にも腕のいい鍛冶屋の慣れた刀は必須かと」


    「だから世界忍者の装備に近いものをって事なんですね」

    ちなみに何で忍者専用機なんだ?


    「世界忍者専用機じゃ駄目なんですか?」


    「量産機は数を揃えてチームワークで戦うものです」


    「世界忍者は本来単機で戦況をひっくり返すものです」

    現実はそうじゃないがな


    「だからこそ、この機体をバネに世界忍者専用機を別に作るんですよ、ACE機として」


    「円卓の騎士とか四天王とか12神将みたいな数を限って、うちの国の全技術力を持ったハイエンド機体を、ですよ」

    シリアスに終わらない辺りがうちらしいな。

     〜導入編〜


    「発見、逃がすなよ、確保しろ!」



    「おのれ、濃紺!!」

    世界忍者国某所、傭兵協力者宅にて

    世界忍者国某所、実験場にて


    「元人狼整備開発担当の快い犠牲によって、遂に完成した試験機、いやー量産型はいい」

    そこは、異様な空間だった。 試験機を前にして笑顔の松永、そして、大量の人狼民を中心とした整備士の死体達。


    「これは・・・どういう事ですか・・・?」

    そして、相変わらず実験台として連れて来られた神崎、遠い目な濃紺、そして、流石に驚きを隠せない藩王だった。


    「人権を無視してまで労働させろとは言ったつもりはないのだけど、どういう事か説明をしてもらおうか」

    珍しく怒りを表に出す藩王を前にして、狂気にも似た笑顔のまま、松永は答えた。


    「ああ、彼らですか?これは彼らが悪いのですよ、私の考えを理解しないのがね、それよりもこの試験ふべらっ」

    松永はトリプルアクセルを決めながら頭から着地した。
    藩王が怒りの鉄拳を決める前に吹き飛ばしたのは、ハリセン装備の濃紺だった。


    「悪人みたいな事を言ってどうする」


    「え?」


    「濃紺さん、死体がみんなダイイングメッセージを残してます!」

    確かによく見ると死体?の回りには血?文字が書かれている。


    「説明はこれを見せた方が早そうだな」

    濃紺の指差した先には、一人分のダイイングメッセージ。


    「ええと、白と赤のツートンカラーが量産型の正義・・・って」

    慌てて他のダイイングメッセージも確認する。


    「こっちは、試験機はトリコロール、それと、やっぱり対空ミサイル、大剣だろ、マキビシランチャーと合体機構が必要、でかい赤マフラー、青がいい、城型ロボにするべき・・・何これ」


    「ふふふ、男達の夢の後ですよ、やっと、量産機を緑に出来るというのに!」

    血を噴き出しながら笑顔で復活する松永と、それを憐れなものを見る目のまま濃紺。


    「いや、夜間迷彩でダークブルーって決まっただろ」


    「だから、渋々試験機だけ緑に・・・」


    「どうしました?女王様?」

    頭を抱える藩王を気遣う神崎、そして藩王は思うのだ。


    「いきなりシリアス展開かと焦ったじゃないか」



     〜実践編〜


    「まずは、スペックを紹介しましょう」


    「紹介する前にすでに中に入れられてる僕がいるんですが」


    「まずはボディですが」

    設計資料をもって徒理流が現れる。 神崎の声が当たり前のように、スルーされながら。


    「徒理流はあの惨状に参加してなかったのか?」


    「ええ、だって、次の世界忍者機が本命なので」


    「一瞬、良心からかなとか生易しいことを思ったのは切ないな」


    「藩王様、涙が・・・どうかしましたか?」


    「いやなんでもない、それで、ボディの資料だが・・・」


    「ええ、これです」

    徒理流から渡された資料には、基本は人型戦車であることを示している、つまり、予定通りの食料で動くI=Dということだ。


    「簡単な話をすれば、I=Dと人型戦車の中間、それこそ、スーパーフォートレスや大型WDなんかに近いですね」


    「うちが独力で作る初めてのものだからな、流石に発想が違うな」


    「うちの国の財政上こうなるのは仕方ないんですけどね」


    「開発陣には無理をさせたな・・・って、武器がブレードだけになってるんだが」

    資料には武器がブレード、としか書いていない、そもそも手裏剣と日本刀という話だったような・・・


    「そうですね」


    「手裏剣は?」


    「あとでお見せします」


    「日本刀がブレード?」


    「そうですね、あれと人型戦車の移動力をつかって白兵だけで戦う予定です」


    「付属品もあるのね、移動補助用に鈎づめ付ワイヤー・・・だけ」


    「そうですね、移動補助兼侵入用です」


    「索敵装置は・・・中の人依存」


    「そうですね、索敵用+密閉するために正面は頑丈な窓があるだけ、あとは世界忍者の感性に依存してます」


    「ロボとしてどうなのかな、これは」

    藩王は、まさかの低スペックに頭を抱えるしかなかった。


    「そもそもこれは、I=Dの皮をかぶった世界忍者用パワードスーツですからねー、地上防衛や侵入とか、世界忍者の補助器具に過ぎないですし」


    「そうそう、夜戦時に燃料馬鹿食いするのが嫌だから暗視装置も全部はずし、燃料消費を限りなく抑えたI=Dというのもありますよ」


    「切ないなー、うちの問題とはいえ」


    「夜戦装備をすて、白兵武器以外をすて、身軽でハイパワー、そしてローコスト、ついでに世界忍者が乗れると、問題ないじゃないですか、まぁ世界忍者の白兵能力前提ですが」


    「ついでに聞きたいんだが、前回森国人しか運用できないシステム、と聞いたけど、世界忍者以外も使えるのかな」

    森国人しか運用できないシステム、世界忍者国の誇る名機にゃんばいんの瞑想通信による操作システムを補助機能に使っているのだ。


    「今回実験をしてわかったことがあります」


    「俺より前に実験した人がいるんだ・・・」

    当人の神崎どころか、藩王、濃紺の開発陣以外の面子は全員意外そうな顔をした。 もはや実験の最初の犠牲=神崎というのが当たり前になっていたのだ、ロジャー像の隣にLei像を建設するのと同じくらいに。


    「それで、その結果は?」


    「世界忍者以外、動かなかった、というのがわかりました」


    「それは何故?」


    「ぶっちゃけると、世界忍者力不足ですね、加速装置の時のように、世界忍者が関与することによってギャグフィールドが展開されて(中略)によって動くものと思われます」


    「つまり、世界忍者専用ということか」


    「そうなりますね、しかも、一定のギャグ力をもった」


    「根源力じゃないのが笑えるところだな」


    「というわけで、動くとは思うんですが、世界忍者で動かすのは初めてですが、神崎君、頑張ってくれたまえ」

    松永の無茶振りで、神崎は動かすことになった。


    「えーっと、どうするんだろ、既に起動中っぽいけど・・・」

    神崎が首を傾げる、忍者機もまた、首を傾げる。
    というより、実はさっきから神崎君がキョロキョロしたり驚いたりしてる時から、忍者機は反応していたのだ。


    「とりあえず、神崎君、立って外に行こうか」


    「そう言われても、どう・・・動かしていいのか・・・えーっと、だーっ説明書くらい欲しいなぁ」


    「機体も共に頭を抱えて立ち上がってるのに気づいてるのかな、あれは」

    完全にシンクロして忍者機は頭を抱えながら立ち上がってた、中の人の動きにあわせて動いているのだった。


    「って、なんか外の景色が変わった!?高いところにいるのか・・・」


    「やっぱり視認性が悪いのか、改良するしかないんじゃないか?」


    「でも予算的にはこれくらいが限度で・・・って試験機はどこに行った?」

    濃紺と松永が真面目な話をし始めている時、いつの間にか試験機は消えていた。


    「ああ、二人で遊びに出て行きましたよ」

    藩王と共に。


    「ふむ、肩の上も十分高いな」


    「そうですねー、いやーまさか完全に体動かすだけでいいとは、すごい楽です」

    普通に考えれば、目線は違うし体を動かして巨体が動くから意識にズレが生じるはずである、そうならないのが世界忍者の特性ともいえるのかもしれない、順応性がというか、自由な意志がか。


    「マニュアルにあるとおりだと、ブレードは手首あたりから肘にかけてついてるからと簡単にもてるらしいんだけど」


    「おおー、女王様の言うとおり、持とうと思うと手に感触が」

    装備されているブレード、名前もそのままニンジャブレードを使ってすぶっている。


    「ふーむ、あとは、手裏剣モードがあるらしいけど」


    「へーやってみますか?」


    「それもいいな」


    「まずい・・・あの二人のことだ、手裏剣モードを起動してしまう・・・っ」


    「というのは?」


    「手裏剣モード、つまり、両手両足についたブレードを使った人間手裏剣・・・」


    「G●ンみて思いついたんだな」


    「そうともいいますね、己を手裏剣として用いるんですが、実験機で、使い方もろくに知らずに使ったらどうなるか・・・」


    「ちなみに、それって飛ぶのか?」


    「跳ぶに近いですけど飛びますね、くるくる回って」


    「ふむ、俺達に向かってきてるアレ見たいな感じか?」


    「そうそうそんな感じ・・・ってあれ?」


    「そんなんじゃないかと思ったんだ」

    濃紺の声は、松永、徒理流からは遠い。


    「なるほど、つまり世界忍者国らしいオチがつくと」


    「いままで実験で事故らなかったからなぁ・・・」


    「「「ぎゃああああああああああああ」」」

    その日、突如として回転を始めた機体に振り回される神崎、直撃しかけた松永、徒理流の悲鳴が世界忍者国に響いた。

     〜報告編〜

    その日、実験こそグダグダになってしまったが、成功はしていた。

    予想されていたように、世界忍者にしか乗れない、森国人専用の仕様で。

    最近、開発部隊として活動して判った事がある。

    世界忍者国における世界忍者の特異性である。

    新世界忍者が生まれた時、世界忍者に呼応するように専用のアイテムを作りだしていた。

    そして、今回の忍者機、これも世界忍者にしか乗る事が出来ないピーキーな乗り物が出来上がった。

    これは世界忍者という存在が、この世界の影として世界を守る為に力をつけているんじゃないのか?そんな事を考えた。

    これを、女王様や濃紺摂政に話した、すると女王様は言ったのだ。


    「これは、うちの国の世界忍者愛がなせる奇跡じゃないかな」

    と、そして


    「いや、世界忍者を選び続けた結果の運命だろ」

    と、濃紺摂政も言っていた。

    今、俺達は世界忍者機の試作をしている。
    今度は世界忍者国の全てを注ぎ込んだハイスペック機、予算部度外視したT18最終決戦用。
    TLOすら覚悟した、根源力制限付きの少数精鋭専用機だ。

    これが完成するかはわからない、忍者機次第だろう。

    出来れば作れても、使わないのがベストなのだが、要塞突撃、地上防衛等の特殊作戦専門なのだから。

    開発部隊所属、松永の日記より

    日記を書き終わった辺りで、外から声が聞こえた。


    「次は真世界忍者が来るって!」


    「根拠は?」


    「新世界忍者がギャグで進化したじゃん?でも元々の世界忍者ってギャグもシリアスも同時にやるから格好いいのに笑えた、つまり、シリアスによるギャグなのが出るね!」


    「ふむ」

    また、面白そうな話をしている。


    「てっきり忍者機を想定した補助が出来る職が来ると思ったが、もしくは白兵強化だな」


    「えー、またカトラスか」


    「絶対いけるだろ」


    「忍者なのにカトラスはないって、忍者刀なら考えるけどさー」

    扉を勢いよく開け言うべき事をいう。


    「そんなのよりヒーt『そんなのよりドリルに決まってるじゃないですか!!』


    「なん・・・だと・・・」

    いう、予定だった。


    「ドリルを人間につけるのはないなー、って、松永さんなんでorzな体勢してるんですか?」


    「いい、気にしないで」

    新しい戦力を考えて夢見る今日も、世界忍者国は平和だった。


      [No.677] [固定URL] 忍者機SS(凍矢君作) 投稿者:久堂尋軌  投稿日:2011/11/27(Sun) 00:25:18  

    忍者機、ロールアウト

    世界忍者国において忍者機というのはターンを跨ぐ程開発に難航していた。

    中途半端過ぎたのである。
    戦力を増強しようにも、周りとの激しい戦力差を埋められる訳もなく。
    埋めるだけの国力もなく。
    かといって、意味もなく作る訳もいかなかった。

    開発当初は人切り単独で上回るスペックを求めたが事件が終わった後ではそれを実現するために巨大化を避けられず世界忍者の侵入能力を生かせず、ターンが移って宇宙が舞台では利用価値がなかった。

    つまり、出損ねた訳だ。
    しかし、ここにきてわかりやすい敵の存在がわかった。

    敵は自分達らしい。

    自分達に足りないものを補って自分達を倒せる様にする、目標不明だったこの計画に目標がおりてきたのである。

    この計画、時間をかけただけあって様々な試行錯誤が行われていた。

    膨大な試作案があり、世界忍者を活かす機体も無駄にしてしまう機体も、量産機とは思えない値段や、I=Dの値段に見えないものまで様々だった。
    その中で、今回必要と思われるものは4つだった。

    1つは、圧倒的に戦闘力が足りない事。
    実際に、神崎は完全に不意打ちが可能な状態でですら大量生産品の黒耀子一体すら倒す事が出来ないと感じる程だった。
    つまり、戦ったら負けるレベルに弱いのだ。
    そんな自分達を倒すのはおそらく簡単で、正面戦闘でのスペックを上げればいい。
    貧弱な肉体で戦うのではなく頑強な肉体を使う、これだけである。

    2つ目は、侵入能力である。
    ほぼ唯一と言っていい世界忍者の特色にして生命線。
    この能力、実戦では施設破壊能力と共に使われると思われる(侵入との併用は未だなされていないが)
    低物理域においては、拠点は重要であり、これの無効化が可能な力は重要であろう。
    これを失う事は世界忍者をやめる事に等しい。

    3つ目は、コスト。
    これは世界忍者全体を強化するには資源、燃料ともに不足がちな世界忍者国では大量生産が厳しい。
    この問題を敵が克服していた場合、不利になるからだ。
    低コストが望ましい。

    最後、4つ目は物理域の問題。
    侵入能力が活かせなくなりがち且つ、根源力問題を突破するために低物理域に寄った人もおり高物理域は不得手なのだ。
    戦闘で遠距離がメインになるのも悩ましい。

    活動問題、戦闘距離、侵入能力の拡張これらをカバーする必要がある。


    などという、真っ当な設計思想の中、結局できたものは今まで作っていたものの粋を集めるという至極まっとうなものだった。

    まるで世界忍者国ではないかのように。

    とはいっても、武装類は相変わらず人間手裏剣と腕部ブレードしかない。

    最初期から変わったものといえば前述したものへの対策案の一つ、これらを解決しつつ値段を安くする方法として採用された追加パーツ方式である。

    素体となる機体に追加装備を付け替える事で対応する。
    現行技術の一つであり、これにより一体一体に余分な装備を付けない事(直接姿勢制御スラスター等を付けないため安くなり)によりコストを抑える事に成功した。

    基本となるのは、侵入優先型装備と呼ばれるもので、余分な装備を外し着脱可能なワイヤーアンカー、高機動移動用の追加ローラーダッシュシステム(着脱可能)を装備する。
    侵入時にはローラーダッシュの駆動音は大きすぎるため人型戦車と同様に徒歩移動を行う事で雑音を減らし、非侵入時には軽快な回転音と共に更なる加速を行いワイヤーアンカーと組み合わせる事で戦場を縦横無尽に動き回る事が出来る。
    標準装備であるAS(アンチサーチ)マントにより変化の術を機体に施す事が可能になっており圧倒的な侵入能力を保有しており、侵入→破壊工作→脱出の流れを意識した装備となっている。
    背部ハードポイントに専用グライダーを装着し、滑空等が可能なのもこの装備である。

    4番目の問題の答えになるコストがかかりがちな対高物理域専用装備にはやはり燃料等が僅かだが必要になる。

    肩部及び背部に姿勢制御用スラスターを付けたジャケットを着せ、ローラーダッシュを外し、開いた脚部にも姿勢制御スラスターの着いたブーツを履かせる。
    加えて、左腕ハードポイントのワイヤーアンカーを電磁砲式に変更し、右腕には新世界忍者をモデルにした加速空間展開装置を装備する事により地上戦に近い運用が可能になっている。
    当然ながら使用感はまるで違うのだが。

    対高物理域専用装備追加パーツは世界忍者においても作成されたサイベリアンの製造ラインを用いており、スラスター回りはほぼサイベリアンそのままであり胸部から肩部にかけてサイベリアンを着ている様に見え、背部ハードポイントにつくバックパック相当のパーツもサイベリアンの背面をブロック化したものに過ぎない。
    技術と製造ラインの転用により追加パーツのコストも大幅に抑える事に成功している。

    素体となる機体部分には固定装備としてブレードとASマントが装備されており、ASマントは通常時にはマフラーの様に首に巻く事が可能であり、世界忍者らしさを出している。
    それ以外は完全に何も装着されておらず、小柄な人型戦車に見える。

    -----------------一時ギャグ休憩--------------

    松永「機体にも変化の術を適用する方法、見当もつかないですね」

    白銀「前にWDに精霊回路を描いて効果を得るものがありましたね」

    尋軌「じゃあ変化の術の習熟に使ってたマントルでも書いてみますか」

    くぅ「全体にかけるならマントですよね」

    ////////////////////////////
    マントにマントルを書き殴り中
    ////////////////////////////

    エド「書き終わりましたよ!」

    カヲリ「一人分にしては大きかったかもしれないです」

    ソーニャ「長いと躓きそうですね!」

    怜夜「それじゃあ切っちゃいましょう」

    ////////////////////////////
      マントをばっさり裁断中
    ////////////////////////////

    濃紺「マントルごとばっさりいってないかこれ」

    徒理流「おもいっきりいってますね」

    大神「つけてから考えればいんじゃね?」

    ////////////////////////////
        マント装着中
    ////////////////////////////

    神崎「えーっと、とりあえず乗ってみましたけど」

    大流「凄い適当なノリですがこれでいいんですかね?」

    可銀「まぁ、いつものことだしね」

    弓尾「変化の術を使ってみてくださーい」

    ////////////////////////////
        マント発動中
    ////////////////////////////

    真神「発動してるように見えるな、マントル切れてるのに」

    松葉「確実に後ろに同化してますよね、マントル切れてるけど」

    なかだい「星見として理論わかりますか?マントル切れてるのに」

    あんぐら「開示情報が足りない」

    ////////////////////////////
        マント議論中
    ////////////////////////////

    みなお「そういえば意見書にマフラーがどうとか」

    キラノ「マントをマフラー状にして首に巻けませんか?」

    匪「議論内容間違ってません?」

    女王様「マフラーの色は赤だな!」

    ---------------ASマント説明終了--------------

    長いシリアスを超えて本機は開発された。

    少し前にギャグだった気がするが気のせいである。

    そんな、忍者機、その名は・・・・











    「藩王様、忍者機で重大な問題が!」

    「まだなにかあったっけ?」

    「名前を一回も考えたことがありません!」

    「あ」


      [No.676] [固定URL] Re: 忍者機 投稿者:くぅ  投稿日:2011/11/08(Tue) 00:40:30  
    Re: 忍者機 (画像サイズ: 360×300 26kB)

    > > > > > > > これがーいちばんだいじー(ぁ
    > > > > > >
    こんな感じになったお


      [No.675] [固定URL] トウモロコシ畑(SS1)後編 投稿者:久堂尋軌  投稿日:2011/11/07(Mon) 01:33:32  

    「今日皆に集まってもらったのは他でもない、前に話していた農業改革について方針が決まったので皆に更に意見をもらうためだ」

    カヲリにお使いを出してもらって数日後、藩国の重鎮だけでなく農業関係者の代表も呼んで大々的な会議を行った。

    「なるほど…それで陛下はこれからの農業について、どういう方針でいくのでしょうか?」

    手を軽くあげて松葉が発言すると、由羅は頷きながら紙の資料を参加者に分けていく。

    「それにともない、今回はとある筋から専門家を呼んだ。ということで…専門家さん、いらっしゃーい♪」

    ワザとらしい仕草で由羅が扉を挿すと、みんなの視線が扉へと注がれて大きく開かれる。

    「ひかぇい、ひかえおろう。この御方をどなたと心得る。怖れ多くもNACのリーダー、アンズ・ユーキ様であるぞ。頭が高いひかえおろ〜(棒読み)」

    「かっかっか〜 v(^▽^)v て、何その気が抜けた紹介は!」

    腰に差していたハリセンを、右手にいた四方の後頭部にキレイにスパーン決めると唖然とする参加者の視線に気づく。

    「あ、みなさんお久しぶりです〜!トウモロコシ畑の様子見に来ましたー」

    アンズ・ユーキ嬢。元世界忍者国の国民であり、今は涼州にて悪童元帥の元で活動している。農業を営む者からみれば、NACのリーダーとしての高名の方が大きいであろう。彼女の活躍によって、NWの農家は何度救われたか。

    ちなみに、先程叩かれたのは羅幻王国の四方無畏氏。今回は、アンズ嬢のお守ならびに、羅幻の商人として食料の買い付けも行いにきたらしい。この二人と優羽カヲリを含めた三人がsilver vineを運営している。

    「まぁ、ネタはこの辺にして…とりあえず、現在の農業についての資料をみせてもらいました。国家機密レベルの情報をオイラみたいな部外者にありがとうございます」

    「何を言ってるねぅ。アンズちゃんは部外者なんかじゃなく身内ねぅよ。何かあったら頼ってくれていいんだからね」

    礼をいうアンズに由羅は当たり前のように答えた。<世界忍者国の基本は友誼である>それは絶対なものであり、たとえ藩国を離れたとしても其れを気にするような国民はいないのが世界忍者国である。その証に、どこよりも先駆けてNACへの全面支援を声明としてだしていた。

    「藩王さま、ありがとうございます(礼)では、さっそくですが資料を眺めた私見を述べさせていただきます。現状におきまして世界忍者国では開拓して、農地に転向させる計画を立てていますが余り得策とはいえません。これは星見的観点もあるのでしょうが、NACとしてはまだまだ現状の農地に伸び代があるのを感じるからです」

    ざわ・・・ざわざわ・・・

    その話をきいていた農業関係者がいっせいざわついた。なにせ、現状の農法で作って最大限な収穫を得ていると思っていたのだから動揺するのは仕方ない話であった。

    「えぇ…説明しますと現状で足りないものは、良質な肥料と思われます。これは今まで肥料として使っていた屑野菜や作りすぎて処分していた物を代用燃料に回してしまったことが原因と思われます」

    アンズの説明にさらに会場がざわついた。いかんせん政府の信用に関わる問題である、これは一歩間違えば政府不信の原因になってしまう。

    「ぇ〜おちついてください。これに関しては肥料を出せば直ぐに土地はよみがえりますし、農地として向いていない土地も農地として使えることができます。それに肥料に関しては、先程藩王さまにお願いをして必要な量を藩国より出していただける事を了承していただきました」

    アンズの言葉に、農業関係者からは安堵のため息が聞こえてくる。なにせ、世界忍者国は裕福とは言えない。その上で肥料を自分たちで負担するのは流石に勘弁してほしいからであろう。

    「ふむ、みんなの負担はできるだけ減らして肥料の生物資源は藩国から出すことにするので安心してほしいねぅ。それと配布する肥料の有効的な使い方に関して、NACの技術を教えてもらう講習会を定期的に行おうとおもう。参加は自由ではあるが、私としては是非参加してこれからの収穫UPを目指してほしい」

    「では、配布された資料に目を通してください。説明をすると、配布予定の肥料の使い方と…こちらは希望者のみになりますが、新しい農法『輪作式農法』の説明書になります。これは、現在の農地をより効率的にする農法ですが、一つの種類に対する生産量は若干下がります。なので、現在の農法で成功している方には不要と思われます。主に荒地を新しく肥料によって農地へと転換する方や、余り農業がうまくいっていない方向けになりますのでご了承ください。」

    輪作−農業の手法の1つで、同じ土地に別の性質のいくつかの種類の農作物を何年かに1回のサイクルで作っていく方法である
    栽培する作物を周期的に変えることで土壌の栄養バランスが取れ、収穫量・品質が向上する。これにより、連作での病原体・害虫などによる収穫量・品質の低下の問題を防ぐことが出来る農法である。

    ・窒素固定能力のある作物(ラッカセイ、ダイズなどマメ科作物)→吸肥力の強い作物(キャベツ、ホウレンソウなど)
    ・浅根野菜(キュウリ、メロンなど)→深根野菜(ニンジン、ゴボウなど)
    ・単子葉野菜(トウモロコシ、ネギなど)→双子葉野菜(スイカ、トマトなど)
    (参考:ウィキペディア)

    「えー、お手元の資料をみればおわかりですが。今回の農法に関して肝となる物に【トウモロコシ】を推したいと思ってます。これは世界忍者国においてベマーラとトウモロコシは藩国設立からの農作物での二枚看板であったのを考慮したものですし。なによりもトウモロコシは輪作におきまして、栽培しやすく輪作に使いやすいのが理由です」

     カブ→オオムギ→クローバー→コムギ
     トウモロコシ→ササゲ→エンバク→ワタ
     トウモロコシ→コムギ→クローバー
     タバコ→コムギ→クローバー
     トウモロコシ→ダイズ
     トウモロコシ→ワタ
    (参考:ウィキペディア)

    「それに伴い、トウモロコシの他にも甘藷(サツマイモ)や馬鈴薯(ジャガイモ)なんかも埋めたいと思う。これらは北国のはずれの方でもできる作物だし何よりも単品でもおいしいからね」

    アンズの説明に由羅が追加の作物について付け加えると、幾つかの質問に答えると会議は終了に向かった。

    ちなみに、この後何度かの勉強会を経て本格的な栽培が始まった。今回の農法が目に見えた成果をあげだすと、国民からは感謝の声が上がっていた。後世にはアンズのことを『玉蜀黍の学士』と呼んで敬ったと記述されるレベルであった。

    /*/

    「いやー、これはまた見事なトウモロコシ畑だねぇ〜」

    数ヵ月後、新しく荒れ地を耕作された畑には【一面の】トウモロコシ畑が広がっていた。

    「とりあえず、最初にトウモロコシを植えてその後に色んなものを輪作していくそうですよ。ここだけでなく北国エリアでは【広い】空き地に馬鈴薯や甘藷が栽培されはじめています。あと、定期的なNAC主催の勉強会では回を追うごとに参加者が増えているそうです」

    視察にきた由羅と怜夜が【一面】に広がる【広い】【トウモロコシ】畑を眺めながら話をしていると、由羅は嬉しそうにしながら手元にあった一つを手に取って眺めた。

    「うむ、大きい感じでおいしそうねう。幾つか貰ってみんなで茹でていただこうか。もちろん、ちゃんと払ってね。せっかく【平和の国】にまで発展させたんだから、むやみやたらに火種をまく事もないでしょ」
    「わかってますー。そんなことして恨みなんて買いたくないですよ〜。」

    怜夜の答えに満足しながら、次の視察へと向かうのだった。


      [No.674] [固定URL] とーやくんのSSサルベージ(3) 投稿者:結城由羅@世界忍者国  投稿日:2011/11/06(Sun) 02:40:33  


    7号計画書が通った日、何も知らない神崎は突然女王に呼び出されて困惑していた。

    姉さんの反省会でもあるのかと執務室に向かうと真面目な顔をした女王と大神、それに濃紺に・・・瀕死(過労)の松永が揃っていた。

    女王からは質問が一つあるだけだった。

    「あの君らが考えた要塞艦に続きはあるの?」

    神崎は誰にも話していない為驚いた、おそらくは不可能だと考え諦めた続きがあるのだ。

    答えは一言「はい」だ。

    それを聞いて女王は悲痛な表情を浮かべるともし叶ったら式神世界の人間には悪い事をするなと呟いた。

    過労で頭が回っていない松永が疑問符を浮かべていると神崎は説明した。

    多分、前のやつの説明は聞いてると思うのでと前置きをしてから語るのは願いと昔聞いた物語である。



    世界はループしている。
    世界は世界の滅びと戦う運命にある。
    世界にはシオネアラダが光の軍勢を率いて悪しき夢と戦う物語がある。
    そして、この世界に今代のシオネが現れるらしい。
    シオネと光の軍勢の為に存在する世界の滅びと戦う為の砦が存在するという。
    ならば、ならばこそ今ならば世界の滅びと戦う為の、正義最後の砦たる存在を作れるのではないか。
    共和国と帝国、要塞艦製作にて手に入れた技術力があれば、協力する事が出来れば。




    その要塞の名は・・・





    「要塞艦はあくまでも1国家のプロジェクトに過ぎません、ですがNWの力を持ってすれば作れるのではないでしょうか」
    神崎は珍しく雄弁だった。





    その名は・・・





    女王の複雑な表情は変わらない、だが言うしかなかったのだろう。

    「作るというのか・・・今代における【アーカウ】を」


      [No.673] [固定URL] とーやくんのSSサルベージ(2) 投稿者:結城由羅@世界忍者国  投稿日:2011/11/06(Sun) 02:38:59  

    前回のつづき

    問題は居住ブロックにも関わらず、エンジンブロックの真隣にあり中央部に固まっているのだ。

    しかも、形がどう見ても人が前に倒れ込む姿勢というか光国人の飛行体勢にそっくりだった。

    流石に怒られた、どう見ても変形機でありマクロの宇宙で生き残りたい俺の歌を聞けー!な感じだった。

    濃紺は冷静にこの計画書の現実的な部分だけを説明し始めた。

    まず、全ての外敵を追い払うべき戦闘力と残すべき環境を分ける事。
    これによって生まれるのは大神の望む撹乱効果である。
    戦闘ユニットを多めに造る事で本命である居住ユニットの守り手がどれかわからなくなる。
    次に、居住ユニットの拡張性と整備性の確保である。
    これらは当たり前で武器の整備・拡張の為に居住ユニットに不具合が出る事が無くなり逆もしかりである。
    また、分割しなかった場合武器を多数装備する戦艦である以上物理域の問題がネックになってしまう、こちらはマシな程度ではあるのだが。

    そして、資材及び建造の問題である。
    はっきり言って世界忍者国単体では巨大戦艦を、しかも生活空間を孕んだ物など到底造る事など出来ない。
    想定生産力で巨大ドックを要求する一体型に比べ分割型ならば各国がもつI=D生産工場でも片方ならば余裕をもって作れるであろう換算である(実際には組み上げ等に別に場所を取られるだろうが)
    これならば世界忍者国でも生産が可能であろうと考えられた。

    濃紺は一息つくと、次にこれは神崎の戯言だがと付けてから自信なさそうに現実離れした夢物語を語った。

    この世界が滅びを迎える時、TLOとして生き残る話である。
    まず、情報の空白地帯に移動する必要がある、これは地中や外宇宙、加えて魔境の類も含まれるらしい。
    これは世界がループした時に、情報の空白地帯には前ループの遺産が存在した事からの逆説である。
    NWなら海を渡って漂流も可能性があるらしいが自信がないそうだ。
    ネタとしてはムー大陸なら行ける気がするとか。
    上手く海上で残った場合、経年劣化による船の沈没は避けられないであろう、そして、きっとロイ像は積んでるであろうと言われた。
    説明を聞いていたものは呆気に取られた。
    つまりは、突如として海に消えたと言われるムー大陸は人工的なもので経年劣化で沈んだと言っているのだ、確かに不可能ではない言い分だ。
    ちなみに、これが成功した場合、イースター島にはモアイ像の代わりにロイ像が立つ訳だが。

    ただ、あくまでもネタの一種で本命は外宇宙であるらしい、理由は簡単で根源種族である。
    つまり状況をループさせれば残る確率が高いという考えだ。



    //////////////

    それらの説明を受けて、なんと7号計画書は通ってしまったのである。
    1番の決め手は生産と女王と大神の願いが両方通る為であったが。
    問題は山積みであったが(技術力や他国への協力願いや技術流布等)大枠は決まったのである。

    これに合わせて世界忍者国では戦力の強化がはかられる事となった。
    忍者刀の生産、I=Dの完成等、要塞艦を主にした国家計画が動き出したのである。


      [No.672] [固定URL] とーやくんのSSサルベージ(1) 投稿者:結城由羅@世界忍者国  投稿日:2011/11/06(Sun) 02:34:37  

    【要塞艦】
    世界忍者国ではかねてより元人狼領地藩王大神が要塞艦の開発を強く訴えられていた。
    これは質量攻撃や艦艇突撃による最終決戦を見越したものであり決して戦闘から逃げるためのものではなかった。

    ある日世界忍者国藩王結城由羅は悩んでいた。
    本当に、このまま行ってこの世界の終わりを超えられるのだろうか?
    特に力のないわが国ではもしものことが起こったときに逃げることもなく終えるだろうことが見えている。
    もしもがないとは言い切れない、竜の言ではわれわれはT18には滅びるとさえ言われている。

    女王は基本的にはギャグや面白いことばかりを行うイメージがあるが、民などの大切なものを思うときのみシリアスになる。
    基本はギャグで一定条件下のみシリアスなのは世界忍者の性質を体現しており、世界忍者国の女王らしいとも言える。

    そんな女王の前に一枚の嘆願書が置かれていた、それは大神からのものであり要塞艦の開発を願うものだった。

    「要塞艦は多数の武器を備え巨大でありまた何より堅牢である必要がある」

    嘆願書ではあるものの必要なものを1ページ目から書いてあるところが面白いなと女王はそのまま元の思考に戻ろうとしたその時だった。

    「そうか、これねぅ」

    星見司でもある女王は気づいたのだ、世界が滅びたとしても生き残る道を。


    ------------------------

    TLOと呼ばれるものがある。
    これは現在の技術力では本来ありえるはずのないものを指す。
    そして、発掘される時もあるものである。

    そして、根源種族と呼ばれる者たちがいた。
    この者たちは滅びる世界から逃げ放浪し、戻ってきたものとも考えられていた。

    この二つを鑑みれば自分たちも世界の終わりに漂流することを覚悟すれば生き残ることができるのではないか。
    今の世界を少しでも残すことができるのではないだろうかと、そう考えたのである。
    そう、せめて、今は戦う力も持たない小さな子供たちだけでも・・・

    こうして、要塞艦の開発がスタートしたのである。

    ------------------------------

    開発が決まった時、大神は喜んだがその内容を聞いて憤慨した、というより拗ねた。
    強襲揚陸艦のはずがフル武装箱舟になっていたのである。
    当然のように二人の間で意見が割れた。
    周りも同じでどちらを開発するかを決めることはなかなか出来ないでいた。

    一応互いの要望を受ける形で設計案を作っては見たものの1〜5号計画書まではすべて破棄される形となった、開発担当である松永も困惑するしかなかった。

    そして6号計画書についての会議が行われることとなった。

    この6号計画書の会議は摂政の濃紺が取り仕切っており資料の作成配布にも当然関わっていた。
    ここで濃紺は何を思ったのか開発局が制作したわけではない7号計画書と書かれた封書を同時に配布した、ちなみに製作元はKMDNなる見たこともない名称だった。

    当初の予想通り6号計画書が破棄される運びになったところで7号計画書の封を開ける事になった。
    最初は怪訝そうな顔をしていた松永であったが封書を開封した直後、激しく困惑した。
    そこにあったのは数日前にお遊びで考えた要塞艦だったのである。

    1〜6号計画書では都市船やそれこそ要塞をそのまま船にしたようなものが計画されていた、それは当たり前の話である。
    しかし、この7号計画書では全然別のものが書かれていた。
    まず、居住ユニットと戦闘ユニットが別個に用意されているのである。
    次に、それを牽引するかのように護衛する超巨大艦が戦闘ユニットであるのだが、そこにも仮居住スペースがある。


      [No.671] [固定URL] 変形ナレーション 投稿者:結城由羅@世界忍者国  投稿日:2011/11/06(Sun) 01:40:37  

    みくしの団長の日記から転載。

    /*/

    深奥の宇宙の色に輝く蒼き鋼の船。その巨大な姿からは想像もつかない変形をするのだ!今日はその変形シーンを公開しよう。
    (脳内声:玄田哲章)


    1、まず、戦艦の中央にシャッターが下りる。
    2、居住部分がエンジンの真上に移動。戦艦の前半部分とは切り離される。
    3、切り離された前半部分は縦に真っ二つになる(桃を縦に割るような形)。シャッターはこの分離の為なんだ。
    4、二つになった戦艦の前半部分はひっくり返り、居住区を包むように合体する。エンジンだけは外についているから、マッチ箱の背中にビー玉がくっついている感じだね。←うまい表現が見当たらない
    5、この時、何故か表面は人型の胴体のような装甲になっている。そういうものなんだ。
    6、胴体から足が伸びる。
    7、胴体から手が伸びる。ただし、足と違って、両手のの外側から更に長い棒が伸びて宇宙に射出される。
    8、胴体から頭が伸びる。
    9、腰の辺りが更に伸びて、より人型に近くなる。この時、鬼の面の目が真っ赤に光る。
    10、目をクローズアップすることで、画面が真っ赤に染まる。
    11、真っ赤な画面を握りつぶす大きな手。その手には大きな布が掴まれている。
    12、くるん、とマフラーを巻く人型。
    13、7で空を飛んでいた長い棒がブーメランのように人型の正面に戻ってきて、それを両手で掴む。
    14、片方は鞘。腰にしまい、もう片方の忍者ブレードを超格好よく握りしめ、ポーズ。
    15、背中のエンジンが青く光って
    16、戦艦、ロイ像バージョンの完成。







    http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1790547082&owner_id=2207890

    http://nagy2.sakura.ne.jp/idressfarm/WWT/?%CC%A4%C4%F3%BD%D0%CA%DD%B4%C9%A5%DA%A1%BC%A5%B8


    1:ライジンオーの校舎窓にシャッターが下りるイメージ

    ロボットは戦隊とワタルからなので、ちょっと普通のスパロボの人とは違うのです。
    参考:さよなライオンとかギガンティックダイマンボウ

    お風呂入ってくるので取り急ぎ。


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -