新・世界忍者国 作業掲示板
[もどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。

  •   [No.775] [固定URL] アナログゲーム化についての意見集約所 投稿者:結城由羅  投稿日:2019/11/30(Sat) 21:12:37  

    アイドレスのアナログゲーム化について、
    藩国のプレイヤーのみなさんが思うところ、期待することなど、
    まとめて報告することになりました。

    NWCのログ切り出しはこちら:
    https://t.co/qIuGUlFOF5

    何かありましたら、こちらへどうぞ。
    表では言いにくいとかありましたら、DMなどでください。


      [No.774] [固定URL] 青様親衛隊 投稿者:キルケ  投稿日:2017/07/21(Fri) 09:53:43  

    *部品構造

    -大部品: 青様親衛隊 RD:29 評価値:8
    --大部品: 青様親衛隊 RD:9 評価値:5
    ---部品: 青様親衛隊とはなにか(概要)
    ---部品: 青様に対する愛
    ---部品: 親衛隊への入隊理由
    ---部品: 親衛隊の年齢・性別構成
    ---部品: 親衛隊独自の情報網
    ---部品: 親衛隊の普段の活動
    ---部品: 親衛隊への在籍資格
    ---部品: 交流会の実施
    ---部品: 禁止事項
    --部品: 歌を歌う
    --大部品: 愛を込めた踊り RD:6 評価値:4
    ---部品: 団長による踊りの考案
    ---部品: 相談しながら振り付けを作る
    ---部品: 踊りの練習
    ---部品: 統率のとれた動き
    ---部品: 踊りのリズム
    ---部品: みんなの笑顔
    --部品: 青様親衛隊章(シンボルマーク)
    --大部品: 青親衛隊規則(隊員は遵守) RD:7 評価値:4
    ---部品: 本規則の目的
    ---部品: 第一条 愛について
    ---部品: 第二条 信念について
    ---部品: 第三条 心得について
    ---部品: 第四条 活動時の周辺美化について
    ---部品: 第五条 反社会的勢力の排除について
    ---部品: 親衛隊規則の遵守の誓い
    --大部品: 青い団幕 RD:2 評価値:1
    ---部品: 団幕の大きさ
    ---部品: 団幕に書かれた文字
    --大部品: 青様親衛隊のシンボルたる旗 RD:3 評価値:2
    ---部品: 旗の大きさと色
    ---部品: 旗に書かれた文字とマーク
    ---部品: 旗を振る人間



    *部品定義

    **部品: 青様親衛隊とはなにか(概要)
    今代のシオネ・アラダ、青の厚志の親衛隊。その心は厚志様のために、その拳は厚志様のために。厚志様の幸せを願い厚志様の守る世界を愛する。それが青親衛隊である。

    **部品: 青様に対する愛
    ゆるぎない厚志様への愛を心に抱く。彼の陽の部分も影の部分も等しく愛し、日々祈りを捧げる。それは信仰に近く、その想いが彼らを一つにする。

    **部品: 親衛隊への入隊理由
    親衛隊への入隊理由は実に様々で、昔彼の出ているゲームをプレイしたという者からつい最近存在を知ったという人までいる。しかし、古参も新参も愛の重さには変わりはない。

    **部品: 親衛隊の年齢・性別構成
    親衛隊には老若男女問わず様々な人々が在籍している。下は5歳から、上は60歳までおり、男女比も半々くらいである。青様を愛する気持ちに年齢も性別も関係ないのである。

    **部品: 親衛隊独自の情報網
    隊員は各々が持つ青様に関する情報について、積極的に共有を行い、彼の活躍を追っている。青様の応援が必要な場所に行ける人間は即座に駆けつけられるのもそのおかげである。

    **部品: 親衛隊の普段の活動
    青様の行動を追い、その活躍を見たり伝聞で聞いたりして愛を深め、その愛を語らうことを主な活動内容とする。また、愛を表現するために踊ったり、青様が現れた際には全力で声援を送る。その他には芝村舞の弱者を守る信念に基づいて災害時のボランティア活動等も行っている。

    **部品: 親衛隊への在籍資格
    基本的に、青様への愛があり、親衛隊規則さえ守ればいつまでも在籍可能である。仕事や育児が忙しく活動や交流に参加できなくとも、青様を愛する心さえあれば在籍資格はなくならず、誰も活動に積極的に参加できないことを責めたりはしない。大事なのはあくまで愛である。

    **部品: 交流会の実施
    定期的に隊長、副隊長を中心に青様について愛を語り合いながら食事をとったり青様をイメージした創作物を見せ合う交流会が開催されている。

    **部品: 禁止事項
    禁止事項については親衛隊規則で定め、全隊員はそれを遵守する。また、当然藩国法や一般的な道徳、倫理に反する行為は禁止されている。

    **部品: 歌を歌う
    親衛隊はよく歌を歌う。主にガンパレード・マーチ、SWEET DAYS 、思い出になるよ等である。歌うことによって心を一つにし、より青様や5121小隊への愛を深めるのである。

    **部品: 団長による踊りの考案
    隊長であるウヌが青様への愛を表現するために集団での踊りを考案した。いわゆるオタ芸である。元々アラダとは踊り手+戦士という意味を持ち、踊るように戦う厚志さんへ声援を送るには最適ということで皆で踊りを考えることになった。

    **部品: 相談しながら振り付けを作る
    団長、副団長、そして参加できるメンバーで皆がこなすことができる振り付けを考えた。隊員は子供からお年寄りまで年齢層も幅広いため、簡単にできるシンプルな振り付けが採用された。

    **部品: 踊りの練習
    振り付けはごく単純なものだが、美しく見せるためには練習が必要である。参加できるメンバーが集まって踊りを覚え、それを他の隊員にも教え、皆で練習をした。

    **部品: 統率のとれた動き
    練習の成果で皆、青いサイリウムを統率のとれた動きで振ることができるようになった。その様は地上で見ても美しく、空から見ると更に壮観である。全ては厚志様への愛のため。

    **部品: 踊りのリズム
    皆が覚えやすく踊りやすいリズム。太鼓係と副隊長の吹く笛に合わせて始まり、音楽がかかると少しずつ激しくなり段々とそれは青様への愛を全身で表現する儀式となる。

    **部品: みんなの笑顔
    踊り始めると皆がそれぞれ一生懸命で、そしてはじけるような笑顔を浮かべている。踊りにはそんな効果がある。青様を愛する心を一つにして体を動かしひとつのものを表現した時、そこにあるのは充足感と笑顔である。


    **部品: 青様親衛隊章(シンボルマーク)
    親衛隊のマーク。愛と正義と青様かわいいをコンセプトにデザインされている。青様のトレードマークであるお玉もデザインに組み込んだ。

    **部品: 本規則の目的
    この規則は、親衛隊としての活動が円滑に安全に楽しく、そして青様に我々の愛を正しく伝えるために作成された。

    **部品: 第一条 愛について
    お互いの愛を決して否定しない。それが一番大事な規定である。愛し方は人それぞれであり、想いもそれぞれ異なる。しかし皆、誰かの愛を否定しない。青を愛する、その一点が繋がっていればよいのである。我等は芝村舞の言うとおり、誰も何も言えない世界よりも誰もが好き勝手なことを言える世界を望む。

    **部品: 第二条 信念について
    厚志様の有り方、生き方を敬い尊敬し、厚志様の心臓たる芝村舞という少女の信念を理想として心に抱く。すなわち、世界を守るのは兄弟を守るものと思い、弱きものを守って戦う。それが親衛隊の義であり信念である。

    **部品: 第三条 心得について
    厚志様を前にした時はその活躍を目に焼きつけ、精一杯の愛を込めて声援を送る。行動は迅速に、そして厚志様と周囲に迷惑は決してかけず、情熱と節度を持って活動を行うこと。


    **部品: 第四条 活動時の周辺美化について
    親衛隊としての活動を行う際は、活動場所の周辺住民に感謝の意を持ち、ゴミは持ち帰る、困っている人がいれば助けるなど、周辺の美化に勤め青様の英雄としての名に傷をつけない行動を徹底すること。

    **部品: 第五条 反社会的勢力の排除について
    テロ活動、民間人の虐殺、略奪、詐欺行為等、犯罪行為、青様や芝村舞の掲げる正義に反する行いをする者の入隊は許されない。また、そのような行為を行う者の排除と弱きを守る正義の実現を望み行動すること。ただし、過去に犯罪歴があり現在改心し贖罪のために生きている者を除く。

    **部品: 親衛隊規則の遵守の誓い
    この親衛隊に入隊した者は皆、今代のシオネ・アラダ青の厚志への愛のもと、親衛隊規則を遵守することを誓う。誓いの印に、隊員は規則にサインを行う。

    **部品: 団幕の大きさ
    全長10mほどの青い団幕。数名で持って広げると、空からでもよく見ることができる。元はもっと小さいサイズだったのだが、空からでもよく見えるようにという理由で段々巨大化した。

    **部品: 団幕に書かれた文字
    「青の厚志様 LOVE」の文字が流麗な文字で書かれ、横に厚志様のイラストが添えられている。法被と同じくこだわりの青色で染められた中に白や黄色といった目立つ色で描かれている。

    **部品: 旗の大きさと色
    丈夫な銀の持ち手に、真っ青布を掲げた旗。隊員の団結の象徴であり大きさは縦1.5m横2mというサイズ。風になびくと美しくはためく。

    **部品: 旗に書かれた文字とマーク
    目立つように中心部に大きく「青様親衛隊」の文字と親衛隊のマークが刺繍されている。それはただの文字やマークではなく愛の象徴である。

    **部品: 旗を振る人間
    この旗を振るのは伝統的に副団長と決まっており、誇りを持って風を受け、愛を込めて雄雄しく旗を振る。愛がある者が振るといくら振っても疲れを感じないという話である。



    *提出書式

    大部品: 青様親衛隊 RD:29 評価値:8
    -大部品: 青様親衛隊 RD:9 評価値:5
    --部品: 青様親衛隊とはなにか(概要)
    --部品: 青様に対する愛
    --部品: 親衛隊への入隊理由
    --部品: 親衛隊の年齢・性別構成
    --部品: 親衛隊独自の情報網
    --部品: 親衛隊の普段の活動
    --部品: 親衛隊への在籍資格
    --部品: 交流会の実施
    --部品: 禁止事項
    -部品: 歌を歌う
    -大部品: 愛を込めた踊り RD:6 評価値:4
    --部品: 団長による踊りの考案
    --部品: 相談しながら振り付けを作る
    --部品: 踊りの練習
    --部品: 統率のとれた動き
    --部品: 踊りのリズム
    --部品: みんなの笑顔
    -部品: 青様親衛隊章(シンボルマーク)
    -大部品: 青親衛隊規則(隊員は遵守) RD:7 評価値:4
    --部品: 本規則の目的
    --部品: 第一条 愛について
    --部品: 第二条 信念について
    --部品: 第三条 心得について
    --部品: 第四条 活動時の周辺美化について
    --部品: 第五条 反社会的勢力の排除について
    --部品: 親衛隊規則の遵守の誓い
    -大部品: 青い団幕 RD:2 評価値:1
    --部品: 団幕の大きさ
    --部品: 団幕に書かれた文字
    -大部品: 青様親衛隊のシンボルたる旗 RD:3 評価値:2
    --部品: 旗の大きさと色
    --部品: 旗に書かれた文字とマーク
    --部品: 旗を振る人間


    部品: 青様親衛隊とはなにか(概要)
    今代のシオネ・アラダ、青の厚志の親衛隊。その心は厚志様のために、その拳は厚志様のために。厚志様の幸せを願い厚志様の守る世界を愛する。それが青親衛隊である。

    部品: 青様に対する愛
    ゆるぎない厚志様への愛を心に抱く。彼の陽の部分も影の部分も等しく愛し、日々祈りを捧げる。それは信仰に近く、その想いが彼らを一つにする。

    部品: 親衛隊への入隊理由
    親衛隊への入隊理由は実に様々で、昔彼の出ているゲームをプレイしたという者からつい最近存在を知ったという人までいる。しかし、古参も新参も愛の重さには変わりはない。

    部品: 親衛隊の年齢・性別構成
    親衛隊には老若男女問わず様々な人々が在籍している。下は5歳から、上は60歳までおり、男女比も半々くらいである。青様を愛する気持ちに年齢も性別も関係ないのである。

    部品: 親衛隊独自の情報網
    隊員は各々が持つ青様に関する情報について、積極的に共有を行い、彼の活躍を追っている。青様の応援が必要な場所に行ける人間は即座に駆けつけられるのもそのおかげである。

    部品: 親衛隊の普段の活動
    青様の行動を追い、その活躍を見たり伝聞で聞いたりして愛を深め、その愛を語らうことを主な活動内容とする。また、愛を表現するために踊ったり、青様が現れた際には全力で声援を送る。その他には芝村舞の弱者を守る信念に基づいて災害時のボランティア活動等も行っている。

    部品: 親衛隊への在籍資格
    基本的に、青様への愛があり、親衛隊規則さえ守ればいつまでも在籍可能である。仕事や育児が忙しく活動や交流に参加できなくとも、青様を愛する心さえあれば在籍資格はなくならず、誰も活動に積極的に参加できないことを責めたりはしない。大事なのはあくまで愛である。

    部品: 交流会の実施
    定期的に隊長、副隊長を中心に青様について愛を語り合いながら食事をとったり青様をイメージした創作物を見せ合う交流会が開催されている。

    部品: 禁止事項
    禁止事項については親衛隊規則で定め、全隊員はそれを遵守する。また、当然藩国法や一般的な道徳、倫理に反する行為は禁止されている。

    部品: 歌を歌う
    親衛隊はよく歌を歌う。主にガンパレード・マーチ、SWEET DAYS 、思い出になるよ等である。歌うことによって心を一つにし、より青様や5121小隊への愛を深めるのである。

    部品: 団長による踊りの考案
    隊長であるウヌが青様への愛を表現するために集団での踊りを考案した。いわゆるオタ芸である。元々アラダとは踊り手+戦士という意味を持ち、踊るように戦う厚志さんへ声援を送るには最適ということで皆で踊りを考えることになった。

    部品: 相談しながら振り付けを作る
    団長、副団長、そして参加できるメンバーで皆がこなすことができる振り付けを考えた。隊員は子供からお年寄りまで年齢層も幅広いため、簡単にできるシンプルな振り付けが採用された。

    部品: 踊りの練習
    振り付けはごく単純なものだが、美しく見せるためには練習が必要である。参加できるメンバーが集まって踊りを覚え、それを他の隊員にも教え、皆で練習をした。

    部品: 統率のとれた動き
    練習の成果で皆、青いサイリウムを統率のとれた動きで振ることができるようになった。その様は地上で見ても美しく、空から見ると更に壮観である。全ては厚志様への愛のため。

    部品: 踊りのリズム
    皆が覚えやすく踊りやすいリズム。太鼓係と副隊長の吹く笛に合わせて始まり、音楽がかかると少しずつ激しくなり段々とそれは青様への愛を全身で表現する儀式となる。

    部品: みんなの笑顔
    踊り始めると皆がそれぞれ一生懸命で、そしてはじけるような笑顔を浮かべている。踊りにはそんな効果がある。青様を愛する心を一つにして体を動かしひとつのものを表現した時、そこにあるのは充足感と笑顔である。


    部品: 青様親衛隊章(シンボルマーク)
    親衛隊のマーク。愛と正義と青様かわいいをコンセプトにデザインされている。青様のトレードマークであるお玉もデザインに組み込んだ。

    部品: 本規則の目的
    この規則は、親衛隊としての活動が円滑に安全に楽しく、そして青様に我々の愛を正しく伝えるために作成された。

    部品: 第一条 愛について
    お互いの愛を決して否定しない。それが一番大事な規定である。愛し方は人それぞれであり、想いもそれぞれ異なる。しかし皆、誰かの愛を否定しない。青を愛する、その一点が繋がっていればよいのである。我等は芝村舞の言うとおり、誰も何も言えない世界よりも誰もが好き勝手なことを言える世界を望む。

    部品: 第二条 信念について
    厚志様の有り方、生き方を敬い尊敬し、厚志様の心臓たる芝村舞という少女の信念を理想として心に抱く。すなわち、世界を守るのは兄弟を守るものと思い、弱きものを守って戦う。それが親衛隊の義であり信念である。

    部品: 第三条 心得について
    厚志様を前にした時はその活躍を目に焼きつけ、精一杯の愛を込めて声援を送る。行動は迅速に、そして厚志様と周囲に迷惑は決してかけず、情熱と節度を持って活動を行うこと。


    部品: 第四条 活動時の周辺美化について
    親衛隊としての活動を行う際は、活動場所の周辺住民に感謝の意を持ち、ゴミは持ち帰る、困っている人がいれば助けるなど、周辺の美化に勤め青様の英雄としての名に傷をつけない行動を徹底すること。

    部品: 第五条 反社会的勢力の排除について
    テロ活動、民間人の虐殺、略奪、詐欺行為等、犯罪行為、青様や芝村舞の掲げる正義に反する行いをする者の入隊は許されない。また、そのような行為を行う者の排除と弱きを守る正義の実現を望み行動すること。ただし、過去に犯罪歴があり現在改心し贖罪のために生きている者を除く。

    部品: 親衛隊規則の遵守の誓い
    この親衛隊に入隊した者は皆、今代のシオネ・アラダ青の厚志への愛のもと、親衛隊規則を遵守することを誓う。誓いの印に、隊員は規則にサインを行う。

    部品: 団幕の大きさ
    全長10mほどの青い団幕。数名で持って広げると、空からでもよく見ることができる。元はもっと小さいサイズだったのだが、空からでもよく見えるようにという理由で段々巨大化した。

    部品: 団幕に書かれた文字
    「青の厚志様 LOVE」の文字が流麗な文字で書かれ、横に厚志様のイラストが添えられている。法被と同じくこだわりの青色で染められた中に白や黄色といった目立つ色で描かれている。

    部品: 旗の大きさと色
    丈夫な銀の持ち手に、真っ青布を掲げた旗。隊員の団結の象徴であり大きさは縦1.5m横2mというサイズ。風になびくと美しくはためく。

    部品: 旗に書かれた文字とマーク
    目立つように中心部に大きく「青様親衛隊」の文字と親衛隊のマークが刺繍されている。それはただの文字やマークではなく愛の象徴である。

    部品: 旗を振る人間
    この旗を振るのは伝統的に副団長と決まっており、誇りを持って風を受け、愛を込めて雄雄しく旗を振る。愛がある者が振るといくら振っても疲れを感じないという話である。




    *インポート用定義データ


    [
    { "title": "青様親衛隊",
    "description": "Default Root",
    "type": "group",
    "validation": {},
    "children":
    [
    { "title": "青様親衛隊",
    "type": "group",
    "children":
    [
    { "title": "青様親衛隊とはなにか(概要)",
    "description": "今代のシオネ・アラダ、青の厚志の親衛隊。その心は厚志様のために、その拳は厚志様のために。厚志様の幸せを願い厚志様の守る世界を愛する。それが青親衛隊である。",
    "type": "parts",
    "expanded": true
    },

    { "title": "青様に対する愛",
    "description": "ゆるぎない厚志様への愛を心に抱く。彼の陽の部分も影の部分も等しく愛し、日々祈りを捧げる。それは信仰に近く、その想いが彼らを一つにする。",
    "type": "parts"
    },

    { "title": "親衛隊への入隊理由",
    "description": "親衛隊への入隊理由は実に様々で、昔彼の出ているゲームをプレイしたという者からつい最近存在を知ったという人までいる。しかし、古参も新参も愛の重さには変わりはない。",
    "type": "parts"
    },

    { "title": "親衛隊の年齢・性別構成",
    "description": "親衛隊には老若男女問わず様々な人々が在籍している。下は5歳から、上は60歳までおり、男女比も半々くらいである。青様を愛する気持ちに年齢も性別も関係ないのである。",
    "type": "parts",
    "expanded": true
    },

    { "title": "親衛隊独自の情報網",
    "description": "隊員は各々が持つ青様に関する情報について、積極的に共有を行い、彼の活躍を追っている。青様の応援が必要な場所に行ける人間は即座に駆けつけられるのもそのおかげである。",
    "type": "parts",
    "expanded": true
    },

    { "title": "親衛隊の普段の活動",
    "description": "青様の行動を追い、その活躍を見たり伝聞で聞いたりして愛を深め、その愛を語らうことを主な活動内容とする。また、愛を表現するために踊ったり、青様が現れた際には全力で声援を送る。その他には芝村舞の弱者を守る信念に基づいて災害時のボランティア活動等も行っている。",
    "type": "parts",
    "expanded": true
    },

    { "title": "親衛隊への在籍資格",
    "description": "基本的に、青様への愛があり、親衛隊規則さえ守ればいつまでも在籍可能である。仕事や育児が忙しく活動や交流に参加できなくとも、青様を愛する心さえあれば在籍資格はなくならず、誰も活動に積極的に参加できないことを責めたりはしない。大事なのはあくまで愛である。",
    "type": "parts"
    },

    { "title": "交流会の実施",
    "description": "定期的に隊長、副隊長を中心に青様について愛を語り合いながら食事をとったり青様をイメージした創作物を見せ合う交流会が開催されている。",
    "type": "parts"
    },

    { "title": "禁止事項",
    "description": "禁止事項については親衛隊規則で定め、全隊員はそれを遵守する。また、当然藩国法や一般的な道徳、倫理に反する行為は禁止されている。",
    "type": "parts"
    }
    ],
    "expanded": true
    },

    { "title": "歌を歌う",
    "description": "親衛隊はよく歌を歌う。主にガンパレード・マーチ、SWEET DAYS 、思い出になるよ等である。歌うことによって心を一つにし、より青様や5121小隊への愛を深めるのである。",
    "type": "parts"
    },

    { "title": "愛を込めた踊り",
    "type": "group",
    "children":
    [
    { "title": "団長による踊りの考案",
    "description": "隊長であるウヌが青様への愛を表現するために集団での踊りを考案した。いわゆるオタ芸である。元々アラダとは踊り手+戦士という意味を持ち、踊るように戦う厚志さんへ声援を送るには最適ということで皆で踊りを考えることになった。",
    "type": "parts"
    },

    { "title": "相談しながら振り付けを作る",
    "description": "団長、副団長、そして参加できるメンバーで皆がこなすことができる振り付けを考えた。隊員は子供からお年寄りまで年齢層も幅広いため、簡単にできるシンプルな振り付けが採用された。",
    "type": "parts"
    },

    { "title": "踊りの練習",
    "description": "振り付けはごく単純なものだが、美しく見せるためには練習が必要である。参加できるメンバーが集まって踊りを覚え、それを他の隊員にも教え、皆で練習をした。",
    "type": "parts"
    },

    { "title": "統率のとれた動き",
    "description": "練習の成果で皆、青いサイリウムを統率のとれた動きで振ることができるようになった。その様は地上で見ても美しく、空から見ると更に壮観である。全ては厚志様への愛のため。",
    "type": "parts"
    },

    { "title": "踊りのリズム",
    "description": "皆が覚えやすく踊りやすいリズム。太鼓係と副隊長の吹く笛に合わせて始まり、音楽がかかると少しずつ激しくなり段々とそれは青様への愛を全身で表現する儀式となる。",
    "type": "parts"
    },

    { "title": "みんなの笑顔",
    "description": "踊り始めると皆がそれぞれ一生懸命で、そしてはじけるような笑顔を浮かべている。踊りにはそんな効果がある。青様を愛する心を一つにして体を動かしひとつのものを表現した時、そこにあるのは充足感と笑顔である。\n",
    "type": "parts"
    }
    ],
    "expanded": false
    },

    { "title": "青様親衛隊章(シンボルマーク)",
    "description": "親衛隊のマーク。愛と正義と青様かわいいをコンセプトにデザインされている。青様のトレードマークであるお玉もデザインに組み込んだ。",
    "type": "parts",
    "expanded": true
    },

    { "title": "青親衛隊規則(隊員は遵守)",
    "type": "group",
    "children":
    [
    { "title": "本規則の目的",
    "description": "この規則は、親衛隊としての活動が円滑に安全に楽しく、そして青様に我々の愛を正しく伝えるために作成された。",
    "type": "parts",
    "expanded": true
    },

    { "title": "第一条 愛について",
    "description": "お互いの愛を決して否定しない。それが一番大事な規定である。愛し方は人それぞれであり、想いもそれぞれ異なる。しかし皆、誰かの愛を否定しない。青を愛する、その一点が繋がっていればよいのである。我等は芝村舞の言うとおり、誰も何も言えない世界よりも誰もが好き勝手なことを言える世界を望む。",
    "type": "parts",
    "expanded": true
    },

    { "title": "第二条 信念について",
    "description": "厚志様の有り方、生き方を敬い尊敬し、厚志様の心臓たる芝村舞という少女の信念を理想として心に抱く。すなわち、世界を守るのは兄弟を守るものと思い、弱きものを守って戦う。それが親衛隊の義であり信念である。",
    "type": "parts",
    "expanded": true
    },

    { "title": "第三条 心得について",
    "description": "厚志様を前にした時はその活躍を目に焼きつけ、精一杯の愛を込めて声援を送る。行動は迅速に、そして厚志様と周囲に迷惑は決してかけず、情熱と節度を持って活動を行うこと。\n",
    "type": "parts",
    "expanded": true
    },

    { "title": "第四条 活動時の周辺美化について",
    "description": "親衛隊としての活動を行う際は、活動場所の周辺住民に感謝の意を持ち、ゴミは持ち帰る、困っている人がいれば助けるなど、周辺の美化に勤め青様の英雄としての名に傷をつけない行動を徹底すること。",
    "type": "parts",
    "expanded": true
    },

    { "title": "第五条 反社会的勢力の排除について",
    "description": "テロ活動、民間人の虐殺、略奪、詐欺行為等、犯罪行為、青様や芝村舞の掲げる正義に反する行いをする者の入隊は許されない。また、そのような行為を行う者の排除と弱きを守る正義の実現を望み行動すること。ただし、過去に犯罪歴があり現在改心し贖罪のために生きている者を除く。",
    "type": "parts",
    "expanded": true
    },

    { "title": "親衛隊規則の遵守の誓い",
    "description": "この親衛隊に入隊した者は皆、今代のシオネ・アラダ青の厚志への愛のもと、親衛隊規則を遵守することを誓う。誓いの印に、隊員は規則にサインを行う。",
    "type": "parts",
    "expanded": true
    }
    ],
    "expanded": false
    },

    { "title": "青い団幕",
    "type": "group",
    "children":
    [
    { "title": "団幕の大きさ",
    "description": "全長10mほどの青い団幕。数名で持って広げると、空からでもよく見ることができる。元はもっと小さいサイズだったのだが、空からでもよく見えるようにという理由で段々巨大化した。",
    "type": "parts"
    },

    { "title": "団幕に書かれた文字",
    "description": "「青の厚志様 LOVE」の文字が流麗な文字で書かれ、横に厚志様のイラストが添えられている。法被と同じくこだわりの青色で染められた中に白や黄色といった目立つ色で描かれている。",
    "type": "parts"
    }
    ],
    "expanded": false
    },

    { "title": "青様親衛隊のシンボルたる旗",
    "type": "group",
    "children":
    [
    { "title": "旗の大きさと色",
    "description": "丈夫な銀の持ち手に、真っ青布を掲げた旗。隊員の団結の象徴であり大きさは縦1.5m横2mというサイズ。風になびくと美しくはためく。",
    "type": "parts"
    },

    { "title": "旗に書かれた文字とマーク",
    "description": "目立つように中心部に大きく「青様親衛隊」の文字と親衛隊のマークが刺繍されている。それはただの文字やマークではなく愛の象徴である。",
    "type": "parts",
    "expanded": true
    },

    { "title": "旗を振る人間",
    "description": "この旗を振るのは伝統的に副団長と決まっており、誇りを持って風を受け、愛を込めて雄雄しく旗を振る。愛がある者が振るといくら振っても疲れを感じないという話である。",
    "type": "parts"
    }
    ],
    "expanded": false
    }
    ],
    "expanded": true
    }
    ]


      [No.773] [固定URL] Re:仮 アイドレス 投稿者:キルケ  投稿日:2017/07/21(Fri) 01:32:55  

    【八猫キルケのプロフィール】
    ペルセウスアームの隠れ里出身の少女。幼いころから忍者としての修行を積むが、都会に憧れて里を出た。
    以来、色んな街を渡り歩いて暮らしているフリーの忍者。


    特徴
    【猫っぽい容姿】
    身長は150前後で小柄で細身な体格をしている。丸い頭と丸い目、笑った時の八重歯が猫っぽい印象を抱かせる。
    茶色い癖毛は肩辺りで切り揃えており気分で結ったり編み込んだりする。

    服装 
    【猫耳の髪飾り】
    頭に二つ、手の平くらいの大きさの猫耳っぽい髪飾りをつけている。何種類か持っているらしくその日の気分で色が変わる。

    【動きやすい和装】
    丈が短く動きやすい和装に身を包んでいる。腰の帯のあたりから色々道具が出てきたり布の間にもお菓子やら武器やら色々隠し持っている。

    性格 
    【テンションの落差の激しい性格】
    普段は眠そうだが一度スイッチが入ると一気にテンションが振り切れる、静と動の差が激しい性格。本能に正直で興奮するとにゃにゃにゃと笑う。

    【旺盛な好奇心】
    面白いこと楽しいことが大好きで何か起ると行って確かめたがる。そのせいでたまに痛い目に遭うこともあるがあまり懲りていない。

    【身軽な身のこなし】
    忍者として修行を積んだことがあるため非常に身軽で、高い所に上ったり跳んだり狭い道を走ったりするのが得意。

    【貴腐人の心得】
    美しい男性同士のロマンスに妄想を膨らませる悪癖がある。マナーを大事にする腐人のため、普段はあまり表に出すことはない。
    妄想が膨らむとよく勝手に赤面している。


    忍者修行
    【隠れ里に生まれる】
    ペルセウスアームのとある隠れ里に生まれる。この隠れ里は昔から忍者の育成をしており、八猫の家も忍者の家系だったためごく幼いころから16歳程度まで忍者修行に明け暮れることになった。
    【忍び歩きの訓練】
    爪先立ちで音を立てずにすばやく歩いたり走ったりする訓練。忍者の基本で基礎だがかなりの訓練が必要である。そのため、幼いころから音を立てずに歩くよう躾けられた。
    【変装術の訓練】
    素顔を隠し、雰囲気や立ち振る舞いを変え別人になりきる。メイクや服装といった外見を変える方法、発声の仕方や仕草を変える方法等を学ぶ。最初は上手くいかなかったが友人等に見てもらい訓練するうちに様々な雰囲気の人物になりきれるようになった。
    【道具の扱い】
    隠れ里で開かれる講義でクナイや手裏剣、煙幕や火薬、薬の扱いなどをまず知識で学び、正しい知識をもとに危険性を把握した上で訓練を行った。
    【白兵戦闘訓練】
    忍者として体術の訓練も行う。毎日の筋トレと走りこみで体力と筋力をつけ、組み手、近接武器を使った戦闘訓練を行った。
    【夜間戦闘訓練】
    暗闇でも音や感覚、僅かな光を頼りに行動できるよう訓練を積んだ。暗闇への本能的な恐怖の克服、視覚に頼らない動きなどを長い訓練を通して身につけた。
    【水泳訓練】
    着衣の状態でも泳げるように訓練を行った。また、長時間水に潜れるよう訓練によって肺活量も鍛えた。これにより川や掘などを泳いで渡り行動することも可能に。


      [No.772] [固定URL] 【なかだい】 新人さん提出記事チェック場所 投稿者:なかだい  投稿日:2017/07/10(Mon) 01:35:09  

    お手すきの方へ、チェックお願いします。


    //*//

    剣士として蒼梧藩国へ手伝いに行く

    ユーコ・ナーカ:所属藩国 世界忍者藩国
    提出物の名前:片刃の片手斧

    1.【トップヘビー】:斧とはその重さでもって思い切り振りおろし、対象を叩き割るという農具だ。身近な武器になりえて、簡単に作れることから古代から戦士にも使われてきた。最も重い刃の部分に重心が偏っており、これによって振り下ろす際の遠心力が増して破壊力が増すというわけである。

    2.【肉厚の刃】:斧とは力任せに思い切り振りおろして相手を叩き割る武器である。だがもちろん、相手が硬ければ刃も欠ける。対応策はいたってシンプルで、刃をもっと固くする・・・肉厚にすることだ。

    3.【鈍く光る鉄(くろがね)】:斧の刃は切れ味も大事だがもっと大事なのは相手を叩き割るまで折れないことだ。刃の部分はそれは固い鉄でできており、鈍く光って存在感を示している。

    4.【シノビの刻印】:武器の持ち主を表す装飾というのはいつの時代も変わらずある。剣でも、銃でも、戦車でも、斧でも。シノビの刻印とは世界忍者のシンボルマークだ。

    5.【樫の木の柄】:斧の刃は切れ味も大事だがもっと大事なのは相手を叩き割るまで折れないことだ。生易しい部材で作った柄ならばその衝撃に耐えられずに折れてしまうかもしれない。この斧の柄はがっしりと硬い樫の木の心材で作られている。

    6.【よく馴染んだ握把】:使い込んだ武器というのは自然と持ち主の手に馴染むものだ。加えて、握った手にフィットするように握る部分に掘り込みを入れている。

    7.【ストラップ】:汗や血で手が滑ってしまうこともある。重い斧ならなおさらで、それですっぽ抜けてもどこかへ飛んで行かないように皮ひものストラップをつけて手首に通している。

    8.【ストラップ人形:ロイ像】:ストラップの先についている人形。嫌がらせもとい、世界忍者藩国民の心の支えのロイ像を粘土のドロイドっぽくしたマスコット人形だ。世界忍者藩国民の嗜みである。

    9.【固く尖った石突】:斧は振り回す武器だが、何が起こるか分からないのが戦場だ。返す手で相手を殴りつけることだってある。手痛い一撃を与えるために石突は固く尖っている。

    10.【革の鞘】:武器というのは常に抜き身で持ち歩くものではない。不必要に刃を向ければいらぬトラブルを呼ぶし、なにより刃のメンテナンスにもよくない。普段は刃の部分を覆うように革の鞘をつけている。

    以上。
    RD:10


    提出物の名前:大食漢
    1.【早食い】:常在戦場の心得として、いつでも手早く食事を済ませるうちに早食いが身についた。わずかな時間でも必要量の食事をとることができる。

    2.【腹ペコ】:体を動かすと腹が減るのは自然の摂理である。戦士として鍛えた体はいつしか腹ペコ体質をも備えてしまった。油断すると感触が増えるのが悩み。

    3.【ムッチリボディ】:腹ペコ体質に加えて早食いすると一回の食事量も増える。一日の食事量も増える。そして、当然体重も増える。重さが増すから斧の威力も増す。良いことだ。良いことにしておこう。

    4.【グルメ】:腹ペコ体質に加えて早食いすると一回の食事量も増える。一日の食事量も増える。必然としてたくさんの食べ物を食べてきたので、食味について詳しくなった。今やちょっとした美食家だ。各藩国の料理を食べ歩く旅に出たいと思っている。

    5.【自炊スキル】:常に食べたいものが手に入るわけではない。また、毎食外食は懐に厳しい。自炊は大食漢にほぼ必須のスキルだろう。簡単な料理なら自前で用意できる。

    6.【毒の知識】:たくさんの食べ物を食べてきたので、食味について詳しくなった。実体験を含む毒の知識が豊富にある。さまざまな食事を食べてきたことと、調理の技能によって身についたものだ。特徴的なものなら口に運ぶ前に見た目や匂いで判別できるだろう。

    以上。
    RD:6


    提出物の名前:騾馬
    1.【騾馬は病気に強い】:生まれついて健康で、病気知らずの薬いらず。環境の変化やストレスにも強く、旅の道連れには最適の友だ。

    2.【騾馬のがっしりした体】:体つきはがっしりしていて丈夫。筋肉もしっかりついた逞しい肉体で、力仕事も得意。荷物持ちになってくれる。

    3.【騾馬の健脚】:長距離の移動にも耐えられる立派な四脚。筋肉もしっかりついた逞しい肉体だ。走ってもそれなりに早いが、本領は悪路でも重い荷物を持って進める力強さだ。

    4.【騾馬は力持ち】:筋肉もしっかりついた逞しい肉体だ。重い荷物をこれでもかと背負って歩ける。何かを引っ張ったりするのも得意。粘り強く力を出す。

    5.【騾馬は頑固】:頑健な体を頼りすぎて無理に仕事をさせると疲れて機嫌が悪くなる。そんなことになってしまったら頑として言うことを聞いてくれなくなる。

    6.【騾馬は頭がいい】:賢くて、人の言っていることを理解している様子もある。教えたこともすぐ覚えてくれる。育てるのに手がかかることはないだろう。

    7.【騾馬は人懐っこい】:人に慣れており、警戒心が低い。優しく接してあげればすぐに仲良くなれる。持ち主以外に預けてもトラブルは起こさないだろう。

    8.【騾馬の硬い蹄】:岩場でもぐんぐん歩みを進められる秘密がこれ。どんな悪路でもこの蹄のおかげでしっかりと蹴りだせる。長距離移動の時も安心だ。

    9.【騾馬用の蹄鉄】:蹄の底に打ち付ける鉄の金具。これをつけることで蹄を補強することができる。蹄が割れると大変なのでつけさせている。

    10.【鞍(荷物用)】:荷物を背中に括り付けるための馬具。荷綱もついてる。きちんと積み上げて括り付けてやれば相当な量の荷物を載せられる。


    以上。
    RD:10



    提出物の名前:急いで集めた救援物資
    1.【世界忍者藩国の米】:取り急ぎ集めた救援物資その1。米は保存もしやすく、腹持ちするので選んだ。炊き出し用の水は現地調達するしかないだろうが、仮に無くてもしばらくは保存できる。

    2.【世界忍者藩国の干し肉】:取り急ぎ集めた救援物資その2。ビーフジャーキーだ。そのままでも食べられるし、湯につけてスープにもできる。これも保存がしやすいので選んだ。

    3.【世界忍者藩国の塩】:取り急ぎ集めた救援物資その3。あって困ることはない。調味料としてもよし、そのまま舐めても栄養補給によし、あるいは何かの加工にも使える。

    4.【世界忍者藩国の魚の乾物】:取り急ぎ集めた救援物資その4。骨まで食べれるので捨てるところがない。日持ちもするし、炙るだけなので調理も簡単だ。

    5.【世界忍者藩国の醤油】:取り急ぎ集めた救援物資その5。保存の効く調味料だ。おおよそどんな食材に合わせてもよいので、とりあえず持ってきた。

    6.【世界忍者藩国の味噌】:取り急ぎ集めた救援物資その6。保存の効く調味料だ。だしと合わせてスープにしてもよし、そのまま野菜などにつけてよしと気軽に使えるのでとりあえず持ってきた。

    7.【世界忍者藩国のぬか漬け野菜】:ぶっちゃけ、旅の途中で自分が食べるための食材。不足しがちな野菜の栄養を少しでも取るために持ってきていた。余っている分は現地の国民に配るつもり。

    8.【ユーコ愛用の鍋】:調理器具。米を炊いたり、スープを作ったりできる。旅路の途中の自炊でも使った。現地で調理器具ないと困るので持ってきた。

    9.【ユーコ愛用の包丁】:調理器具。食材を好きな形に切り分けられる。よく研がれた切れ味鋭い万能包丁だ。旅路の途中の自炊でも使った。現地で調理器具ないと困るので持ってきた。

    10.【ユーコ愛用のフライパン】:調理器具。食材を炒めたり、蒸したり、煮たり、あるいは燻製したりと工夫次第で様々な使い方ができる便利器具。旅路の途中の自炊でも使った。現地で調理器具ないと困るので持ってきた。

    11.【世界忍者藩国のたばこ】:嗜好品その1。緊急時でも心の安らぎは必要だ。煙草は緊張した心をリラックスさせてくれる。吸うときの場所と量には注意。

    12.【世界忍者藩国の蒸留酒】:嗜好品その2。緊急時でも心の安らぎは必要だ。温めて飲めば体も温まり、弱った体でも風邪くらいなら予防できるだろう。飲みすぎ注意。

    13.【世界忍者藩国のチューイングガム】:嗜好品その3。緊急時でも心の安らぎは必要だ。普段の日課ができなくなって暇な人もいるだろう。やることがない時、口さみしい時はこれだ。

    以上。
    RD:13



    合計RD:39
    評価値9


      [No.771] [固定URL] なかだい:ユーコ・ナーカ 投稿者:なかだい  投稿日:2017/07/10(Mon) 01:33:53  

    片手斧を振り回すむっちり(肥満)ぼでーのおねーさん。
    三鷹の森方面のアニメのように美味そうに飯を食う。


      [No.770] [固定URL] Re: 新人さん提出記事チェック場所 投稿者:キルケ  投稿日:2017/07/10(Mon) 01:01:42  
    Re: 新人さん提出記事チェック場所 (画像サイズ: 854×642 67kB)


















    アイドレス:
    かなりおいしいおにぎり 評価:9

    大部品【おかかおにぎり(わんわん仕様)】RD5
    白いごはん
    海苔

    おかか
    犬耳、猫耳用にんじん

    大部品【梅干おにぎり(にゃんにゃん仕様)】RD5
    白いごはん
    海苔

    梅干
    犬耳、猫耳用にんじん

    大部品【シャケおにぎり(さんかくおにぎり)】RD4
    白いごはん
    海苔

    シャケ

    大部品【塩こんぶおにぎり(わんこ風)】RD5
    白いごはん
    海苔

    塩こんぶ
    犬耳、猫耳用にんじん

    大部品【たらこおにぎり(にゃんこ風)】RD5
    白いごはん
    海苔

    たらこ
    犬耳、猫耳用にんじん

    大部品【シーチキンマヨおにぎり】RD4
    白いごはん
    海苔

    シーチキンマヨネーズ

    大部品【高菜おにぎり(しかくい)】RD4
    白いごはん
    海苔

    シーチキンマヨネーズ

    大部品【肉団子おにぎり(まんまる型)】RD4
    白いごはん
    海苔

    シーチキンマヨネーズ



    部品:白いごはん
    おにぎりの命、土鍋で炊きあげたほかほかの白いごはん。一粒一粒がツヤツヤふっくらしており甘みがある。都築藩国産のおいしいお米を使用。

    部品:海苔
    風味豊かでパリッとした食感がたまらない海苔。口に入れるとじんわりと旨みが広がる。そのまま食べても美味しいがおにぎりに最適。

    部品:塩
    目の細かいさらさらの焼塩。まるみのあるやわらかな塩味が特徴。これをほんのりとかけて握れば美味しさ倍増。

    部品:おかか
    世界忍者国特産のかつおぶしで作ったおかか。削り節に醤油と煮切ったみりん、白ゴマを少々。どこか懐かしくなるような優しい味わい。

    部品:梅干
    すっぱい梅干。少し大きめ。色は鮮やかに染まっており果肉はカリカリしている。塩分補給にもクエン酸補給にも最適。

    部品:鮭
    ペルセウスアーム帝国領で獲れた鮭の切り身を焼いてへらで細かく潰し、塩、酒、みりん、ごま油で調理したもの。香ばしさと塩気と旨みが絶妙なハーモニーを奏でる。

    部品:塩こんぶ
    ペルセウスアーム帝国領の綺麗な海でとれた昆布を加工した旨みが強い塩昆布。和え物や炊き込みごはん、そしてもちろんおにぎりにも最適。

    部品:明太子
    ペルセウスアーム帝国領の綺麗な海で獲れたスケトウダラの卵を塩漬けにし、じっくり熟成させて作った明太子。これだけでごはん何杯も食べられる癖になる味。

    部品:シーチキンマヨ
    ペルセウスアームの綺麗な海で獲れたマグロを加工したノンオイルのツナ缶にマヨネーズと醤油を少々混ぜたもの。特に子供に大人気。

    部品:高菜
    ペルセウスアーム帝国領ので収穫された高菜を漬物にし、油でいため、白ゴマを振ったもの。渋くて美味しい大人の味。

    部品:肉団子
    挽肉を練ってたまねぎ、パン粉、塩コショウで作った手作りミートボールに甘辛なタレをからめておにぎりに入れた変り種。子供に大人気。

    部品:犬耳、猫耳用にんじん
    わんわん、にゃんにゃんを作るのに必須なパーツ。茹でたにんじんを耳型に切っておにぎりに乗せる。にんじん嫌いなお子様もこれなら食べられる。



    RD5

    部品:材料の調達方法
    ボランティアは手弁当が基本であり、現地も食糧難だと聞いていたので、食糧はしっかり水なども含めて現地の分まで持ち込んでおいた。

    部品:愛情
    料理に大切なもの。大事な隠し味。食べてくれる人たちの幸せそうな顔を想像しながら愛情をこめて握ります。

    部品:熟練の業
    お米の炊き方、塩味の加減、握る時の力の入れ方。全てこれまでの経験と鍛錬により身につけた熟練の業である。シンプルだからこそ妥協できない。

    部品:元気な笑顔
    おいしく食べてもらうためには笑顔も重要だ。提供する時に元気な笑顔で「どうぞめしあがれ」を言おう。きっと相手も笑顔になるはず。

    部品:メッセージカード
    「がんばれ まけるな」と書いたメッセージカード。大変な状況にある蒼梧藩国の人々を励ますために書き添えた。かつてとある少年を励ました言葉。




    RD41+イラスト


      [No.769] [固定URL] Re: 新人さん提出記事チェック場所 投稿者:キルケ  投稿日:2017/07/10(Mon) 00:03:30  

    医者として蒼梧藩国に行く 評価:9


     ┣治療道具
     ┃ ┣【包帯】柔らかなガーゼ地でできた清潔で真っ白い包帯。傷の治療や止血、骨折した際などの固定に必要。真空パックに入れ常に多めに持ち歩いている。
     ┃ ┣【消毒液】オキシドール。傷口の化膿を防ぐため創傷・潰瘍部位などの消毒に使用する。注射の前に肌を清潔にするためにも用いる。
     ┃ ┣【注射器】血液の採取、ワクチンの投与等に用いる。常に何本もケースに入れて持ち歩いている。以前賊に襲われた際自衛のため毒を入れて使用したこともある。
     ┃ ┣【医学書】医療技術は常に進歩しているため最新の情報収集、勉強はかかせない。正しい情報の取捨選択も重要だ。信頼できるソースとして持ち歩いている。
     ┃ ┣【聴診器】医師免許を取った際、同じく医師の父親がプレゼントとして買ってくれた高級聴診器。耳へのフィット感、微細な音の聞こえ方も安物とは違う。
     ┃ ┣【マスク】菌、ウイルスをシャットダウンするしっかりとした繊維を織り込んだマスク。旅先で花粉や砂埃がひどい際にも使える。
     ┃ ┣【絆創膏】切り傷や擦り傷の治療に用いる。傷口から滲み出る傷口の治りを早める液を吸着して留める効果をもつ特殊な絆創膏。大きな傷でなければ洗ってこれを貼れば数日で治る。
     ┣ ┣【薬】 -【風邪薬】 抗生物質と漢方薬を数種類持ち歩いており、患者の様子を見て使い分けている。初期の風邪には大抵葛根湯を処方している。
     ┃      -【傷薬】 紫雲膏という漢方由来の軟膏を持ち歩いている。色が鮮やかな朱色で衣服につくと取れないのが難点だが熱傷からイボ、切り傷まで広く効果がある。
     ┃      -【胃薬】 ストレスや生活リズムの崩れで、飲みすぎや食べすぎで胃を痛めた人々に処方する。漢方由来。どこの街に行っても需要があるため数種持ち歩いている。
     ┃      -【睡眠薬】 戦争神経症、ストレス等で不眠症の人向けの、よく眠れる睡眠薬。ぐっすり眠れて夢も見ない。漢方由来。しかし処方する量には注意が必要。
     ┃      -【鎮痛剤】 傷の痛みがひどくて眠れない、絶えられないという人に処方する痛みを和らげる薬。漢方由来。炎症を抑える効果もある。
     ┃      -【麻酔】 傷口を縫合する際などに用いる局所麻酔。応急処置にも用いる。速やかに投与することで患者の苦しみを和らげる。
     ┃
     ┣自衛のための装備
     ┃ ┣【ナイフ】-【丈夫な柄】 握りやすいグリップ。店で実際に握り比べて決めた。使い慣れており、硬いものを割るのにこの柄で殴ったりできる。
     ┃       -【よく切れる刃】 刃渡りは短いがこまめに磨いでいるよく切れる刃。食料を捌いたり、印をつけたり、時には自衛のためにも役に立つ。
     ┃ ┗【杖】常に持ち歩いている木製の杖。と、見せかけて仕込み杖になっており、中に鉄棒が入っている。治安の悪い地域で自衛のために使う。
     ┃
     ┣その他補助装備
     ┃ ┣【水筒】軽くて丈夫な水筒。大きさは利便性のため中程度。あったかい飲み物も冷たい飲み物も持ち運ぶことができる。魔法瓶構造。
     ┃ ┣【荷物入れ】冒険者用の丈夫なリュックサック。腰にベルト付き。底のマチが広く沢山物が入る。ポケットも多く利便性が高い。
     ┃ ┣【丈夫なブーツ】軽くて丈夫な履き慣れた皮のブーツ。通気性にも優れ、長時間履いて歩いても靴ズレせず、蒸れない。良い靴は旅の必需品である。
     ┃ ┣【方位磁石】方位を知るためのコンパス。旅人の必携品。紛失防止のためミリタリー用のものを別々のポケットに一個ずつ持ち歩いている。
     ┃ ┣【携帯食料】干し肉や乾パン、クラッカー、食塩、チョコレートなど、日持ちがして軽く、カロリーの高い食料を持ち歩いている。
     ┃ ┣【お守り】母親に持たされて常にリュックのポケットに入っているお守り。実家の地域で奉られている神様のもので、旅の安全を祈願するもの。
     ┃ ┗【地図】旅の必携品。向かう地域の地図を持ち歩いている。今回は蒼梧藩国と周辺国の地図を入手し、目的にに印をつけてきた。
     ┗人物・技術
       ┣【医療技術】医者だった父親の背を追って医者の道に進み、大学で医療を修める。外科、内科、小児科、救急救命等、知識は広くまた手先が器用で技術も確か。
       ┣【医者としての志】あまり表には出さないが一人でも多くの人を救いたいという志が非常に高く、今回の蒼梧藩国行きも沢山の人が苦しんでいると聞き居ても立ってもいられず決めた。
       ┣【手先が器用】痩せ細った人や幼児の細い血管に入れるにはかなりの技術が必要だが、手先が器用なのでなんなくこなすことができる。また料理や工作も得意で細かい作業が好き。
       ┣【明晰な頭脳】頭の回転が早く、危機察知能力も高い。物覚えがよく一度会った患者の名前や好みをよく覚えている。見た目からはあまりそう見えない。
       ┣【従軍経験】数年間従軍したことがあり、そこでの従軍医師としての経験が今役立っている。戦争が好きではないのと軍の雰囲気に馴染めず辞めた。
       ┣【丈夫な肉体】子どものころから風邪はほとんど引かず、怪我をしても治りが早く丈夫だった。旅の医者になったのも身体が丈夫だったからという理由も大きい。
       ┣【みんなを安心させる笑顔】医者は患者を安心させる必要がある。この笑顔で微笑めば、注射で泣いている子供も傷の痛みに呻いている兵士もほっとする。重要な特技である。
       ┣【スタミナ】細身の体格の割に体力には自信があり、長時間の治療や、長時間の移動もへっちゃらである。医者は体力勝負なのでスタミナは重要だ。
       ┣【精神力】柔和な物腰とは裏腹に、精神面はとても強かで芯が強い。そこに困っている多くの患者がいるのであれば、という強い信念のもと、医者である己の誇りを胸に抱いて自ら患者の元へ向かう。たとえそれが困難な道のりであっても。
       ┣【中性的な容姿】-【長い髪】指通りのいい長い髪は整える暇もなく、ただ伸ばしっぱなしにしているだけの代物だが、そうとは思えない美しいキューティクルをもつ。いわゆる女の敵である。
       ┃-【白い肌】あまり肌を出すことがないため、焼けることがほとんどない透けるような白い肌をもつ。スキンケアなどしてる暇もない忙しい生活なので天然物の美肌。
       ┣【よく通る声】声が高く、よく通る。相手を安心させる不思議な暖かさ込められている。幼い子には自ら子守唄を歌い、絵本の読み聞かせをしてくれる優しい声。
       ┣【どこでも眠れる図太さ】それなりに忙しい日々を送るため、どこででも寝ることが可能。立ったまま寝ていただとか、用具入れの中で寝ていただとか証言多数。
       ┣【子供好き】子供は可愛い、だがそれ以前に子供とは国の宝である、守るのは当然だというのはこの男の口癖。子供によく懐かれるのは心から「子供が好き」である者だからこそ。
       ┗【明るい性格】基本的に人と接するのが好きであるため、相手が誰であろうと自ら他者に歩み寄ろうとする。それは決して強引ではなく、そっと寄り添うような形で黙って待ち続け、相手が口をひらけば話を聞き、共感し、理解を示す。周りはそんな彼を「明るく、人懐っこい」と評価するのであった。



    RD38+イラスト(準備中)


      [No.768] [固定URL] 新人さん提出記事チェック場所 投稿者:結城由羅  投稿日:2017/07/10(Mon) 00:01:51  

    提出課題のチェックしてもらいたい、方はこちらへ!


      [No.767] [固定URL] 【うぬ:ボーレ】 投稿者:うぬ  投稿日:2017/07/09(Sun) 09:33:15  

    思いつかなかったので自分でも分かりやすいように自惚れ(ウヌ ボレ)の下二文字取りました。よろしくお願いしますっ


      [No.766] [固定URL] 【ソーニャ:アイノス】 投稿者:ソーニャ  投稿日:2017/07/09(Sun) 01:11:43  

    【ソーニャ:アイノス】

    表情を読まれないようにビジャブと布で顔や口を隠しています。
    必要に応じて、地形に応じた擬装をほどこしています。


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -