FrontPage  Index  Search  Changes  PageRank  RSS  Login

報告/治安維持報告20081002

報告/治安維持報告20081002

濃紺他提案、結城由羅草案作成。

  • 20081003:クローン、人身売買追記。短期公共工事追加、一部実装。
  • 20081004:国内法/クローン規正法国内法/兵器管理法を実装。
  • 20081005:Δ箸靴謄譟璽汽咼螢謄F各協力を追加。

はじめに

 クーリンガンによるテロ活動による動乱は、クーリンガンの死亡により収束の方向へ向かっている。しかしながら、国内は元人狼領地住民を中心とするとみられる兵器を使った重犯罪が多発しており、治安は依然不安定な状況である。また、共和国の情勢不安定から難民の増加も今後予想される。さらに、クローン技術の不正利用、人身売買などが見られており、これらへの対策も必要である。

 事態を憂慮した藩国上層部では、これまで法律や制度を整備して新国民および難民の定着を図るなど(国内法/軍事組織再編法国内法/行政組織再編法国内法/難民保護法)治安維持の努力を続けてきた(報告/治安維持報告20080909)。しかしながら、幾分の効果は上がっているものの、解決にはいたっていない。

 結城由羅藩王は濃紺摂政ら政府上層部と協議の上、これらの政策を継続すると共に、新たに以下の施策を行うこととした。

〃鎧・治安組織の拡充(計60万人増員)

現在の組織/世界忍者国軍は20師団20万人および、後方支援20万人で40万人の構成となっている。これに二線級師団40師団40万人および、臨時後方支援要員20万人を新たに雇用し、100万人構成とする。原則彼らは1年契約とするが、福利厚生などの待遇は変わらない。

治安維持部隊の再拡充(10万増員)

10万人を二線級師団10師団(各1万人)として再雇用し、第四〜第八師団に配備する。その上で、国内法/軍事組織再編法にて再編し、各地方へ治安維持派遣する。

※1.第四師団から第八師団までの5師団5万人および第十六師団から第二十師団の5師団5万人は国内法/非常事態時行動規則により治安維持部隊として再編されている。前者が内地、後者が国境警備にあたっている。

近衛師団に忍者部隊を拡充(6万増員)

新たに忍者6万人を二線級師団として雇用し、第一〜第三師団へ2師団2万づつ配備(※2)する。その後、組織/非常事態対策室/特殊犯罪対策部隊として一時再編し、兵器による重犯罪の取り締まりをおこなわせる。

※2.第一師団から第三師団までの3師団3万人は藩王旗下の忍者部隊である。

短期公共事業のための増員(14万増員)

新規産業振興事業を担当する第十三〜第十五師団3師団に二線級師団2師団づつを新規に雇用・配備する。長期公共工事にあたっている第九〜第十二師団までの4師団(4万人)に二線級師団8万を増員、第九師団の1師団+二線級2師団を残し、残り3師団(十〜十二)+二線級6師団を農地開拓事業および地下鉄敷設事業へ回す(土木担当)。

輸送警備のため護衛船部隊を拡充(10万増員)

新たにパイロット10万人を二線級師団10師団として雇用、および第十六〜第二十師団に配備、護衛船部隊を拡充する。これらの部隊を交代で短期公共事業/02/輸送ビジネスの護衛に就かせる。

臨時後方部隊員補充(20万増員)

これらの増員にともない増加する事務作業を賄うため、新規に20万人を臨時職員として、後方部隊に雇用する。

∋唆反橋宗Ω柩兪禄弌雰廝隠娃伊人新規雇用)

第一期短期公共事業の民営化

第一期でおこなっていた短期公共事業から漸次公的人員(国軍第十三〜十五師団3万人※3)を引き上げ、従来人員に新産業として任せると共に、新たに新規雇用をおこなう。引き上げた公的人員はその経験をもって、第二期短期公共工事の主導をおこなうものとする。なおこのとき、国軍からの退職・産業への残留を認める。それによって生じる国軍の不足人員は再雇用をおこなう。

※3. 組織/世界忍者国軍の第十三師団から第十五師団までの3師団3万人は、国内イベント設営などにあたるとともに、短期公共事業の支援もおこなっている。

第二期短期公共事業の実施

各種産業の振興をおこなう。

兵器リサイクルと造船・輸送業の振興(アイドレス/燃料工場アイドレス/アイドレス工場アイドレス/造船所アイドレス/商業港)。

加工食品を中心とした農業の振興(アイドレス/食糧生産地アイドレス/食糧倉庫アイドレス/農業機械)。

以下は、土木工事として第十〜第十二師団が担当する。

農地の新規開拓およびベッドタウン構築。

観光地の振興(アイドレス/観光地アイドレス/大観光地アイドレス/郊外ファームタイプの遊園地)。

共和国環状線の誘致(予定)に向けた国内路線(地下鉄)の敷設。

4-A開発プラン
4-Aplan02.jpg

J軸錣隆浜強化

国軍所有の兵器の管理強化

組織/世界忍者国軍の内規を見直し、組織/世界忍者国軍/補給統制本部/補給部/流通管理課で管理を徹底させる。

一般人の兵器所有禁止

国内法/兵器管理法を新たに制定、短期公共事業/02/資源リサイクルで広く一定期間兵器の資源化を求めた後、その期間を越えて所持するものについては、治安部隊をもって摘発をおこなう。

民間のアイドレス工場については、藩国民に対する兵器売買を禁止する。これに伴い、リサイクル工場および民間造船所へ転換するアイドレス工場については奨励金を出す。

ぅローン規正

友邦国リワマヒのクローン規制法に呼応し、世界忍者国においても国内法/クローン規正法の制定をおこなう。この実施に伴い、既存の全身クローン体については人権を認め、難民と同様の手続きにて世界忍者国の藩国民として受け入れをおこなう。未成年については国がこれを保護する(アイドレス/神殿アイドレス/寮の活用)。

臓器クローンについてはその管理を徹底させ、違反者には禁固刑を含む罰則を実施する。

タ与版簀磴龍愡

国内外に問わず人身売買については、売った者、買った者、斡旋した者について厳罰に処す。未成年者の人身売買については、刑を倍とする。

食品レーサビリティシステムの導入

NACが提案・提供する食品トレーサビリティシステムをわが国でも取り入れ、食品の安全衛生確保に努める。本システムはNACの協力を得ながら短期公共事業/02/農産物加工技術開発および短期公共事業/02/4A湾岸部再開発で導入、これらをモデルケースとして全国での実施をおこなう。管理指導は新設した組織/開発局/食品安全衛生管理部がおこなう。

※4.食品トレーサビリティシステムとは、食品の取扱いの記録を残すことにより、食品の移動を把握できるようにする仕組みで、食品事故が発生した場合にもその製品回収や原因究明を容易にすることや、情報の伝達や検証により、表示などの情報の信頼性を高め、消費者が安心して食品を購入できるようにする為のものである。

В繊S販売物件の保険制度への参加

テロリストによる物件悪用に対するA&S販売物件の保険制度に、国庫より拠出し、適用を受ける見込みとなった。これにより、テロリストの行動を抑えることが可能となる。


戻る→国営放送/政府広報